【Q2比2.21倍の成長!】リップル社2018年Q3 XRPマーケットレポート

  • リップルは、Q3に、1.63億ドル分のXRPを販売。
  • グローバルXRPボリュームの0.43%に充たる。
  • 30億XRPがエスクローから開放され、26億が再びロックアップ

おすすめリップル取引所

今なら、期間限定ビットポイント無料口座を開設すると3千円分のビットコインをもらえます。

リップル社2018年Q3 XRPマーケットレポート

リップル社の2018年Q3のマーケットレポートが発表されました。

リップル2018Q3マーケットレポート

【参考】2018年Q2リポートのまとめ

全体の概要は以下のツイートの通りです。

リップルQ3XRPマーケットリポート概要

リップル社2018年Q3マーケットレポート

リップル社の2018年Q3のXRPの販売の内訳です。

【概要】

・機関投資家向け直接販売が、9,806万ドルで前期比5.81倍の伸び

・機関投資家向け販売が成長のドライバー。

・プログラム販売は、6,527万ドルで、前期比1.15倍の微増にとどまる。

・全体としては1億6,333万ドルに該当するXRPを販売し、前期比で2.21倍の成長

Q2との比較で言えば、順調な成長を遂げています。

次に、全体に対しての比率を見ていきましょう。

リップルQ3 XRPマーケットリポート:販売量と比率

リップル社2018年Q3マーケットレポート

・グローバルXRPのボリュームは、453億ドルから380億ドルへと約16.1%の減少。

・Q3は、最後の2週間を除き、価格が比較的安定していたこともあり取引量が落ち着いていたことが原因。

・結果、Q3は全体のボリュームの0.43%に充たる額のXRPを販売した。

XRPのエスクローの状況

・リップルは2017年Q4に550億XRPをロックアップした。

・その結果、リップル社がアクセスできるXRPの量は全体の13%に過ぎない。

・つまり、リップル社の販売量は全体の極わずかでしかない。

・2018年Q3は、30億XRPがエスクローから開放された。(毎月10億XRP)

・そのうち、26億XRPが新たなエスクローとしてロックアップされた。

エスクローされずに残った4億XRPは、XRP経済圏をサポートするために様々な形で活用される。

XRPの取引の地理的状況

・2018年Q3の最後の数日、韓国でのXRP取引が活発で主要取引所として浮上。

・Q3の2/3以上の期間に渡って、マルタに拠点を置く取引所がXRPの取引を主導した。(つまり、Binanceなどです。)

・過去半年に渡り、マルタでは、仮想通貨取引のための明確な法的枠組みのルールを提案。

・また、外国企業の法人税をわずか5%だけ払えば良いことを認めているために、BinanceやOKEXを含む多くの仮想通貨取引所がマルタに拠点を移した。

・これらの結果、XRPの取引はマルタが主導することとなった。

ウォールストリート・機関投資家の動き

・大手機関投資家は仮想通貨のトレーディングを支持する方向に動き出しているものの、実際に市場での取引を開始するまでには至っていない。

・8月、ブルームバーグは、ゴールドマン・サックスが仮想通貨のカストディーサービスの提供を検討していると報じた。

・また、野村、ニューヨークメロン、JPモルガン・チェースなどが仮想通貨カストディーサービスに向けて準備している動きが見られる。

こぺるの見解

結論は、前期比2.2倍の量のXRPを販売した。一方、機関投資家の仮想通貨トレーディングやカストディーに向けての具体的な歩みについては、Q4以降に期待ということ。

Q3は、リップルのxRapidがBittrex、Bitso、Coins.phの仮想通貨取引所で採用されたり、リップル社とR3社が【係争中の事案について和解】したり、アブダビでは、XRPは証券ではないと発言されたりと、いくつかの懸念が解決された四半期でした。

実際の活用には、まだ時間を要するものの、順調に採用を拡大しています。

来四半期のマーケットレポートにも期待しましょう。

こぺるは、ビットポイントをオススメしています。まだ口座をお持ちでなければ、キャンペーン中でお得なこの機会にどうぞ♪

Zaif、ビットフライヤーなどが新規受付を停止、コインチェックでもリップル取引はまだできない。ビットバンクはサーバーが停止する。

そのような状況で、ビットポイント↗をおすすめしています。口座をお持ちでない方は、この機会をご活用ください。

おすすめのリップル取引所

今なら、期間限定ビットポイント無料口座を開設すると3千円分のビットコインをもらえます。

上場企業リミックスポイント(資本金40億以上)が運営するセキュリティAクラスで安心のリップル取扱いの取引所

【関連記事】
ビットポイントとビットバンク 徹底比較↗

ビットポイントの評判・メリット・デメリット↗

お得なキャンペーン中

QUOINEX

Liquidでは口座開設でトレードに使える3,000円のQASH、条件を満たすと合計23,000円相当のキャッシュバック! 異なる仮想通貨に変えて、取引所間を移動できるのが仮想通貨の良いところですよね♪ リップルでの25倍レバレッジ取引を開始。

今、DMMビットコインでは、口座開設で1,000円、条件を満たすことで500名にハードウェアウォレット(レッジャーナノS)をプレゼントするキャンペーン中です♪

DMM Bitcoin

ルーチンチェックシートダウンロード

こちらから、無料でエクセルをダウンロードできます。

いつもこぺる100番台 リップル・仮想通貨投資ブログをご覧いただきありがとうございます。

コメントやSNSでシェアをしていただけると嬉しいです。

ご協力いただき、ありがとうございますm(_ _)m

リップル社2018年Q3 XRPマーケットレポート

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 coperu100

こぺる 仮想通貨・リップル

個人投資家・ブロガー。SBI・金融機関出身で独立。リップル・XRP、仮想通貨、投資についてツイート。ブログ開始2週間で5万PV達成。高校時代にTOEIC900点達成。日英仏語トリリンガル。週刊SPA・Yahoo・コインチョイスなどへ寄稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。