『即時国際送金の力』:日本でのリップル・SBIの動き。拡大するリップルの輪。

  • 17年、128万人の外国人が日本で就労
  • 日本➾タイへの送金コストは12時間分の労働時間に相当
  • リップルの活用で送金コスト・時間を劇的に下げることができる

『即時国際送金の力』:日本でのリップル・SBIの動き。拡大するリップルの輪。

リップル社のホームページで、『即時送金の力:日本におけるリップルネット』という記事がアップされたので、内容を少しアレンジしてお伝えします。SBIレミットや、リップルの日本国内での動きについて、簡単にまとめられています。

128万人、増え続ける日本での外国人労働者

128万人、過去最高を記録。増え続ける外国人就労者

日本で働く外国人の数は、2017年10月末時点で128万人を越えました。(厚生労働省 外国人雇用状況まとめ)国際化が進展し、より良い報酬を求めて、日本に出稼ぎにくる外国人が増えているからです。

法務省の2017年末時点での統計によると、日本に住む在留外国人の数は256万人を越え、前年比7.5%の増加で過去最高を記録

要は、日本に住む外国人の約半数が就労目的ということですね。

例えば、タイ人の外国人就労者は、日本に4.5万人います。母国に住む家族に送金する需要は高いですが、送金に際して、従来のSWIFTでは大きな問題があります。

SWIFTの高い国際送金手数料

高いSWIFTの手数料:日本➾海外の送金手数料の平均:6千円+各種手数料

日経アジアによると、日本から海外への送金手数料の平均は約6千円かかり、更に中継銀行などを経ることで、更に手数料が増加する。最終的には、1万円を送ろうとしたら、その多くが手数料で取られてしまうということも起こる。

したがい、送金手数料を稼ぐためには、追加で12時間(時給:800円で計算)の労働が必要になってしまう。また不便さはそれだけに、とどまりません。

SWIFT海外送金の不便:高い手数料・不透明さ

SBIレミット 海外送金 顧客の不便
  • ①高い:高額な手数料
  • ②遅い:曖昧な日数とコストの不透明さ
  • ③不便:送金遅れに伴う生活の不便さ

手数料だけではなく、国際送金デメリットは、3つ。高い、遅い、不便。これが送金する側の人から見た視点。いつ届くかわからず、手数料の詳細も不明。

だから、受け取る側は”今すぐ”お金が必要なのに、必要な時に手に入らないリスクがある。

けど、リップルのサービスを活用することで、このような懸念を取り除くことができます。

リップルのxCurrentの利点:安い、早い、便利。

SBIレミット 海外送金 顧客の利点

従来の不便さは、①高い、②遅い、③不便でした。リップルの利便性は、①安い、②速い、③便利を可能です。

  • ①安い:お手頃な手数料
  • ②速い:数秒で送金完了
  • ③便利:日数・手数料などの可視化

従来のSWIFTでは2~3日かかっていた送金完了までの時間が、リップルのサービスでは数秒~数分で完了します。圧倒的なスピード

また手数料も安い。更に、日数なども事前にわかる。完了したらメールで知らせてくれるので便利。

リップルのxCurrentを活用することで、従来よりも安く・速く・正確な送金が可能。顧客に対してより良いサービスを提供できるだけでなく、銀行側での管理コストも削減される。

そんなリップルのサービスは、導入にどれだけの期間を要するのでしょうか?某青いメガバンクは、システムの刷新のために数年がかりで数千億円を費やしていますもんね…

SBIレミットは、リップルのxCurrentを3ヶ月で実装

SBIレミットは、リップルのxCurrentをたったの3ヶ月で実装を完了しました。現在では、日本最大規模の海外送金プロバイダーとして、先月、累計5千億円のリリースも発表しています。

顧客規模は45万人を誇り、9割が在日外国人。年々、取扱高が増えてきています。

SBIリップルアジアの内外為替一元化コンソーシアムは日本の銀行総資産の8割を占める

SBIリップルアジアが事務局を務める内外為替一元化コンソーシアムに参加する銀行の総資産を合計すると日本全体の銀行の8割を占めます。9月12日には、マネータップ(Money Tap)のティザーサイトも公開されています。

【関連記事】
マネータップ(MoneyTap)ティザーサイト公開、ツイッターでの反応は?

今後のSBIとリップル、日本の銀行の動きに注目

昨日は、「仮想通貨交換業等に関する研究会」(第5回)が開催されましたが、日本国内での仮想通貨の規制を巡る議論は進展してきております。

今後、国内外で規制が整備され、市場が健全化されてくれば、また各社プロモーションをかけることで顧客も仮想通貨市場に戻ってくることが期待されます。

リップルについては、日々、提携金融機関の数も増え続けております。今年中には、xRapidも実働します。今後の動きに期待が集まります。

いつもこぺる100番台 リップル・仮想通貨投資ブログをご覧いただきありがとうございます。

コメントやSNSでシェアをしていただけると嬉しいです。

ご協力いただき、ありがとうございますm(_ _)m

『即時国際送金の力』:日本でのリップル・SBIの動き。拡大するリップルの輪の次にどうぞ♬

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 coperu100

こぺる 仮想通貨・リップル

個人投資家・ブロガー。SBI・金融機関出身で独立。リップル・XRP、仮想通貨、投資についてツイート。ブログ開始2週間で5万PV達成。高校時代にTOEIC900点達成。日英仏語トリリンガル。週刊SPA、FISCO・コインチョイスなどへ寄稿