リップル(XRP)、30円台回復。チャート・テクニカル分析。次の流れは?

期間限定で、ビットポイントに口座を開設すると3千円分をもらえます♪ 無料で口座を開設して、リップルをゲットしちゃいましょう。

リップル(XRP)が、20円台の大暴落から30円台を回復しました。

このまま上がるのか、また下がるか。買い増しをするにしても気になりますよね。

直近の節目となるテクニカルポイントをお伝えします。

過去の分析で相場の見方の基本を説明しているので、まだご覧になっていない方は、以下の記事をご覧ください。

【関連記事】
リップル(XRP) 20円台に 相場・価格・チャート分析
リップル(XRP)30円台回復 テクニカル分析。
リップル(XRP)手数料無しで買える取引所 ビットバンク

リップル(XRP)30円台回復 チャート・テクニカル分析

リップル(XRP)、30円台回復。チャート・テクニカル分析

リップル(XRP)の日足チャートです。リップル(XRP)は、一時、27円台を付けましたが、現在は31.5~32円ほどで推移しています。

31.7~8に5日移動平均線が控えており、33円ラインが米国での0.3USDです。ここが日足での直近のポイント。

サポートは抜けると、次はレジスタンスとして働き、レジスタンスは抜けるとサポートとして機能します。

どういうことかというと、20円台に落ちる前に33円台で価格がヨコヨコしていましたので、上昇局面では、ここがレジスタンスラインでうs.

それはなぜかというと、その価格帯がサポートとして機能していたからです。

【おすすめ記事】

与沢翼氏が見通すリップル(XRP)の将来 リップルだけで20億を稼ぐ

昨年の8月~12月暴騰前のリップル(XRP)の最高値を確認しておきましょう。

17年8月23日高値32.5円、10月16日高値33.5円、11月28日32.79円、同29日33円。下のチャートでの黄色のラインです。
※8月8日に投稿したチャート分析です。

リップル(XRP)、大暴落。一時31円をつける、チャートは

昨年の12月暴騰前に付けた高値と日付。

この価格帯がレジスタンスとして働いていました。何度も言うように、レジスタンス(抵抗)は抜けるとサポートとして機能。

だから、重要で米国の0.3USDとも重なる。だから、ここを抜けたら20円台に入るとして、以下のように予測。

現在、リップル(XRP)は32円を回復しましたが、上記の価格帯が今度は上昇にあたってのレジスタンス(抵抗)になります。

ここを抜け、定着できるか否かに注目。

次に、ローソク足に言及しています。

サポートは抜けるとレジスタンスとして機能し、レジスタンスは抜けるとサポートとして機能する。

期間限定で、ビットポイントに口座を開設すると3千円分をもらえます♪ 無料で口座を開設して、リップルをゲットしちゃいましょう。

陰線カラカサ:リップル(XRP)チャート・テクニカル分析

カラカサは、以下のような形のローソク足です。

陽線と陰線の両方の場合があります。ローソク足のトンカチを逆さにした形ですね。

  • 形状
  • 短い実体に、長い下ヒゲの陰線
  • 示すサイン
  • 買いのサイン
  • 出現場所でのサイン
  • 『底値圏』で、上昇に転換のサイン

仮想通貨のローソク足 カラカサができるまでの値動き

価格が下がったものの、下値に抵抗があり、買い戻され価格が上昇した形です。

27~28円台には、買い意欲がありそこで買われているためサポートとして機能していた、ということ。

なので、私も20円台で分散買い増しをしています。

リップル(XRP)相場は転換したのか?

こぺるは20円台で買い増しをしました。

上で述べているように、相場はまだ転換したとは言えないと考えています。また、一度、そこを抜けたとしても悪材料で下がることもありえます。

資産は分散して投資することが、生き残るために必要な技術です。

リップル(XRP)は10円台まで下がるのか?

10円台まで落ちるリスクは、もちろんゼロではありません。

上のツイートでも述べていますが、買い下がる時の王道は、2つです。

① 指値を分散して入れる。

② 分散した指値は、下値により大きな数量を入れる。

例えば、28円と26円に入れる場合、28円の数量が1とするなら26円を1.5とするようなことです。

また、底値を当てることはできません。不安があるなら、リップル(XRP)を買い増ししつつ、FXでショートを入れておくのも一つの戦略です。

無理なトレードや、一球入魂的な買い増しには気をつけましょう。

相場は、生き残れば良い波がきたときに乗れます。

ブログにコメント・シェアして頂けると幸いです。励みになります!

前回の投稿

 ローソク足の分析の基本については、以下の記事をご覧ください。

 >>>>>>仮想通貨のローソク足の見方と基本

・チャートの使いやすい取引所とは?>>>>>ビットバンク、リップルを最安値で買える取引所

リップル(XRP)、大暴落。20円台に。相場・チャート・価格分析の次におすすめの記事

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 coperu100

こぺる 仮想通貨・リップル

個人投資家・ブロガー。SBI・金融機関出身で独立。リップル・XRP、仮想通貨、投資についてツイート。ブログ開始2週間で5万PV達成。高校時代にTOEIC900点達成。日英仏語トリリンガル。週刊SPA・Yahoo・コインチョイスなどへ寄稿

5 thoughts on “リップル(XRP)、30円台回復。チャート・テクニカル分析。次の流れは?

  • 2018年8月15日 at 3:31 PM
    Permalink

    いつもためになる記事を有難うございます。
    こぺるさんの冷静な分析を拝見すると、自分の考えを整理するきっかけになります

    Reply
    • 2018年8月16日 at 10:20 AM
      Permalink

      統虎さん

      いつも記事をご覧いただきありがとうございます。
      私のリップル(XRP)の価格・チャート分析がお役にたったなら、なによりです。

      今後も、こぺる100番台をよろしくお願いしますm(_ _)m

      こぺる

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。