Amazonアソシエイトの審査に2記事で合格 した方法

ブログ開設して、 Amazonアソシエイトの審査に2記事で合格 しました!

Amazonアソシエイトの申請に合格したときの概況は、以下の通りです。

【申請時の状況】

・ブログ開設1週間
・記事数:2つ
・独自ドメイン取得(当サイトです)
・累計PV数(500程度)
・Wordpress無料テーマ使用

【Amazon歴】
・Amazon購入歴12年目
・Prime会員

Amazon購入歴は長くて、Prime会員なのを除けばあとは普通ですね。むしろ、普通よりも圧倒的に劣ると思います。たったの2記事で、しかも無料テーマの使用でお金をぜんぜんかけていません

要は、Amazonアソシエイトの審査は難しい、、、と言われていますが、実は、普通に申請すれば合格できるということです。

合格のためのコツの結論を先に述べると、Amazonアソシエイトの質問を読んで、それに適切に回答し、回答に一貫性を保つこと、です。この記事では、詳細かつ具体的に審査に合格するための申請書の書き方のコツ・抑えるべきポイントをお伝えします。

申請書の作成には、必ず抑えなければいけないポイントがあります。それを踏まえて、作成すれば合格する確立があがります。私はこのテクニックで学生時代には300万円の奨学金獲得、社会人時代にはボランティアでNPOに1千万円以上の助成金を獲得しました。

また、この技術は、就職活動や転職活動のときのレジュメの作成などにも活用ができるので、考え方を覚えておいて損はありません。

では、見ていきましょう。少し長いですが、役に立つ気付きを提供できると思います。

ブログの内容とAmazonアソシエイトの申請内容に一貫性をもたせる

Amazonアソシエイトの審査は、既にあるブログの記事と申請内容に基づいて実施あされます。重要な点は、一貫性を保つことです。そのポイントは、以下の4つです。

  • ブログの記事
  • WEBサイトの内容と紹介したい商品欄
  • メイントピック・サブトピック
  • 紹介する商品カテゴリ

私がAmazonアソシエイトに申請したとき、ブログは英語学習に関する以下の2記事だけでした。具体的に、どのように考えて申請をして、実際に審査に合格したのかを、『英語学習のブログ』という前提で、お伝えしていきます。

AmazonアソシエイトのWEBサイトの内容・紹介したい商品をブログ記事と一致させる

Amazonアソシエイトの申請にあたって最も重要な項目が、Webサイトの内容および紹介したい商品についての欄です。自己PRの場所です。具体的な記載例をあげているので、それだけでも参考にしてください。

※申請した内容はコピーを残しておいてください。審査に落ちたとしても、次に活かせるからです。

何のサイトで、誰に対して何の商品を紹介したいのかを明確化する

  • 内容:何のサイトで、特徴は何なのか。
  • 誰向けに書いているのか。
  • 具体的に、何を紹介したいのか。

ここで訴求すべきポイントは、誰に対して、何を紹介するのか、ということです。ブログがあり商品を紹介する以上、対象読者がいるはずですので、もしあるならば書いたほうが意図が伝わります。

また、ブログの特徴を記載しましょう。要は英語の学習方法を紹介するブログなんて山程あります。その中で、あなたの特徴は何?どんな切り口で書くの?ということです。差別化要因です。

それをまとめたものが、以下です。一例ですが、私ならこのように申請します。

具体的な申請例:英語のブログ

内容

・英語の上達する学習方法を自分の経験に基づき提供するブログ。
・特徴:日英仏トリリンガル・高校時代にTOEIC900突破。その経験に基づき、
日本人が第二外国語として英語を効率的に習得する勉強法を紹介する。

想定読者

・中高時代に英語を学校で勉強してきたが、やり直そうと思ってる人
・仕事やビジネスで英語を活用しようと思ってるビジネス層
・英語全般に興味のある人にも楽しめるように配慮する

紹介したい商品

・英語学習教材(本・雑誌)
・文房具(学習効率化のために)

文字数は200文字以上、レイアウト・読みやすさも意識する

これで233文字です。文字数は、256文字程度以内とありますので、200文字は書くようにしてください。

また、【内容】と【紹介したい商品】が明確にわかるように、段落をわけましょう。ごちゃごちゃになっていると読む側は理解できないからです。

最後に、ポイントは箇条書きにして一文で書く。それぞれ、2~3つあげれば良いと思います。次からは、ここで紹介した内容と一貫性を保つことを意識してください。具体的にどうすれば良いか、実例をもとに見ていきましょう。

Webサイトの内容と一貫性を保つトピック・商品カテゴリを選ぶ

選択するトピックとカテゴリの内容は、WEBサイトの内容・紹介したい商品とも必ず連動させ、一貫性を保って下さい。まず、トピックの選択について見ていきましょう。

ウェブサイトの内容をトピック・サブトピックを2つに絞る

申請時にチェックするトピックは、2つに絞るのが良いでしょう。最大でも3つです。それ以上は焦点が散漫な印象です。

質問内容は、【ウェブサイトまたはモバイルアプリの内容に最も近いと思うもの】ですのでメイントピックとサブトピックに最も近いもの(一番近い)を選べば、2つです。サブを一つ追加しても3つです。

英語学習サイトであれば、【学校・教育】がメイントピックにくると思います。そこで紹介するのは、英語学習本ですので、カテゴリは【本・漫画・雑誌】です。

上記の要領で、カテゴリを2つ選んでください。次に、駄目な例をあげます。こういう人が多いのではないかと思うからです。

多くのカテゴリを申請しすぎては駄目

あれも紹介したい、これも紹介したいということで、あれこれチェックを入れることはやめましょう。例えば、以下のように。

質問には的確に応える

なぜ、これが駄目かというと質問に的確に応えていないから、です。質問は、【Amazonの商品の内、どのようなカテゴリの商品を主に紹介する予定ですか】を訊かれています。したがい回答は、【主に紹介する予定】のものだけです。

既に、メイントピックとサブトピックを選択しているので、それに合致する2つのカテゴリを選択すれば、それが【主に紹介する予定】のものになるはずです。

焦点を明確化する

次に、焦点が曖昧だからです。これを見たら、審査する側はどう思うでしょうか。ブログの作者は焦点を絞ることができておらず、適当に申請をしてきている、という印象を与えるのではないでしょうか。

私が審査者なら、そう判断します。ここでチェックをしていないからといって紹介できないわけでもなく、審査合格後に変更もできるので、主に紹介する予定のものだけに限定して申請しましょう。

とりあえず、申請してみる

ここまできちんとできれば、申請書はOKですので、申請をしてみましょう!!合格すればOKだし、駄目なら修正してから再度、申請すれば良いんです。

次に、私が使ったテクニックをご紹介します。必ずしも、適用できるわけではありませんが、参考になると思います。

ブログ内容と一致した審査フリーのアフィリエイトを貼る

審査する側は、限られた時間の中で審査をしていますので、作業の効率化が重要です。他社が認めたサイトであれば、審査者の納得感を獲得しやすいです。

ただし、ブログで紹介する内容と一貫性を保ってください。英語学習法の紹介サイトでれば、英語の学習に関するものだけ、を貼ってください。そうでなければ、逆効果です。

広告を外す・外さないは関係ない

また一方で、これについては外したほうが良いという意見もありますが、私は、関係ないと思います。Amazonで紹介できるものとできないものがあるから、です。

ユーザーの視点に立つと、重要なことは、英語であれば、英語に関する必要な学習方法やそのための教材が網羅されていること、です。Amazonでカバーすることができない通信教育の紹介があったとしても、Amazonと競合しません関係ないと思います。

仮に影響するとすれば楽天やYahoo

仮に影響するとすれば、楽天やYahooだろうと思います。これらは、明確にAmazonの競合だからです。ただしAmazonアソシエイトの申請を断る理由の中に、他社の広告の有無の記載はありませんので関係ないと思いますが、気になるなら外せばよいと思います。

それ以上に重要な点は、一貫性を保つことができるかどうかだと思います。

Amazonで具体的に商品を紹介することを前提にした作りこみ

Amazonアソシエイトで具体的に商品を紹介することを前提にした作りこみで申請しました。私が申請したときのページの一部は、【AMAZONからオススメ教材をリンクする】としてブログ内容は未完成のまま申請しています。そのときの画面が以下です。本当にこの状態で申請しています。

今、どうなっているかというと、以下の通りです。

申請時は未完成ですが、適当な印象を受けますか?

むしろ、具体的に商品を紹介するためのページができているので、あとはAmazonアソシエイトの審査に合格さえすれば今すぐに商品を紹介できるように準備万端、と思いませんか。実際に、これで申請に合格しましたので、間違っていなかったと思います。

よくある質問や疑問

Amazonでの購入履歴は必要なのか

Amazonで購入履歴がありPrime会員だと審査に通りやすいという噂があります。実際のところは、どうかはわかりません。ただ、確かに私の場合は、Amazon歴が長く、Prime会員でもあります。

思うことは、いざAmazonで自分のオススメの商品を紹介しようと思ったときに、使ったことのないサービスは紹介するのが難しいだろうということです。なので、まずは使ってみることをオススメいたします。

どのタイミングでAmazonアソシエイトに登録申請をすべきか

とりあえず、1記事書いたら申請したら良いと思います。

私は、Amazonアソシエイト登録に3度目の申請で合格しました。1度目が0記事のとき。2度めが1記事のとき。そして、3度目が2記事のとき、です。

よくわかっていなかったので、記事を1つも書かない段階で申請したら、落とされました。次に、記事を1つ書いて申請したものの不合格。めげずに記事を2つ書き、3度目の申請で合格しました。

やってみて合格すればラッキー、落ちたらまた次にチャレンジすれば良いと思います。ただその際には、申請時のWebサイトの内容はコピペして残しておくことをオススメです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 coperu100

こぺる 仮想通貨・リップル

個人投資家・ブロガー。SBI・金融機関出身で独立。リップル・XRP、仮想通貨、投資についてツイート。ブログ開始2週間で5万PV達成。高校時代にTOEIC900点達成。日英仏語トリリンガル。週刊SPA・Yahoo・コインチョイスなどへ寄稿

3 thoughts on “Amazonアソシエイトの審査に2記事で合格 した方法

  • 2018年6月11日 at 8:14 AM
    Permalink

    こぺる様

    いてもありがとうございます。
    Amazonアソシエイト合格おめでとうございます。

    一貫性 明確化 読みやすい工夫など、自分の考えを人に伝えるポイントが分かりやすく書いてありました。
    こぺるさんの記事が読みやすいのは、これをいつも実践されているからなんですね。

    申請書作成だけでなく、日常でも伝え方を意識してみます。

    Reply
    • 2018年6月11日 at 1:31 PM
      Permalink

      ねね5さん

      コメント、ありがとうございます。
      Amazonアソシエイトに合格したので、本などを紹介していこうと思います。雀の涙ほどですが。

      重要な点は、質問に対して的確に答え、余計なことを書かないことかもしれません。今回の場合は、審査なので、申請書としての一貫性が求められます。
      (主張にズレがないか否かなど)おそらく、一般的に役に立つ考え方なので日常での伝え方で意識されると、伝わりやすくなるだろうと思います。

      こぺる

      Reply
  • 2018年6月11日 at 2:03 PM
    Permalink

    こぺる様

    ありがとうございます(*´ー`*)
    本の紹介楽しみにしています。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。