韓国の仮想通貨取引所 Bithumb $3千万のハッキング被害 にあう

韓国の仮想通貨取引所 Bithumb $3千万のハッキング被害

ビッサム 被害額と補償についてのツイートを削除

韓国の仮想通貨取引所 Bithumb $3千万のハッキング被害 に合ったと、6月20日に報じられました。現在、被害額と顧客に対して補償するとしたツイートは削除されています

簡単な和訳は、私のツイートを見て下さい。

保有する仮想通貨 約3千万ドルが盗難にあった。盗難にあった額の仮想通貨は、Bithumbによって補償される。全ての資産は、現在、コールドウォレットに移動されている途中である。

被害額の規模は、実はより大きい懸念がある

現在、Bithumbのツイッター上などで被害額に関しての記載は見つかりません。つまり、当初35億円と見積もっていた数字に誤りがあった懸念があります。

コインチェック問題のときも、ハッキング被害にあってから正式に被害金額が確定するまでに時間がかかったと思います。

今回も、同様にまだ確認すべき事項が残っているのかもしれないと推測されます。

【関連記事】
Zaifの『ハッキング』で67億円相当の仮想通貨流出!

補償するとの文言もあわせて削除済み

35億の損失とその損失を補償する旨のツイートがあったのですが、補償についても削除済みであり、実は、被害額が大きいのではなかとの懸念も拡がっています。

Bithumbは、韓国三大取引所の一つに数えられ、CoinmarketCapでの取引高を観ると世界で6~7位の規模の大きさの取引所です。つまり、大手です。

何が問題だったのか?詳細についてはまだ明らかとなっておりませんが、ホットウォレットに保管していたことが一因のように思われます。

【関連記事】
Monappy(モナッピー)、ホットウォレット保管のモナコインが盗難被害 !

問題はBithumbの管理体制:コールドウォレットに保管していない

ここでは、データベースとセキュリティシステムを構築するために、資産をコールドウォレットに移動中との記載があります。

草コインに逆風、仮想通貨の盗難被害3倍、半年で約850億円

仮想通貨取引所のセキュリティ管理体制が厳しく問われる

2018年に入ってからだけでも、コインチェックのハッキングを筆頭にハッキング被害は発生しています。ただ、やはり安全体制・管理はないがしろにされているのが実情のようです。

Bithumbのツイートを見る限り、攻撃を受けてハッキング被害にあったから、資産をコールドウォレットに移動して、DBとセキュリティシステムを刷新すると読めます。

被害額は35億円程度ということで補償されることが同時に発表されていますが、このようにハッキング被害が続くと新規参入者は減り続けます。
補償する旨のツイートは現在削除されていますが、文面は、本ブログ上部に残っています。

要は、ハッキング被害に定期的にあうのであれば、株や為替に投資をしたほうが良いと考えるからです。

日本では、SBIのVC Tradeが運営を開始し、コインチェックの再開も待たれますが、顧客資産保護が、今後、取引所を選ぶ上での鍵となりそうです。

ただ、取引所に預けるのではなく、自分で管理すればより安全ですので、資産の管理方法には、十分、留意しましょう。

仮想通貨、金融商品取引法の導入でSBIVC・コインチェックに有利に

Zaif、ビットフライヤーなどが新規受付を停止、コインチェックでもリップル取引はまだできない。ビットバンクはサーバーが停止する。

そのような状況で、ビットポイント↗をおすすめしています。口座をお持ちでない方は、この機会をご活用ください。

おすすめのリップル取引所

今なら、期間限定ビットポイント無料口座を開設すると3千円分のビットコインをもらえます。

上場企業リミックスポイント(資本金40億以上)が運営するセキュリティAクラスで安心のリップル取扱いの取引所

【関連記事】
ビットポイントとビットバンク 徹底比較↗

ビットポイントの評判・メリット・デメリット↗

今、DMMビットコインでは、口座開設で1,000円、条件を満たすことで500名にハードウェアウォレット(レッジャーナノS)をプレゼントするキャンペーン中です♪

DMM Bitcoin

Liquidでは口座開設でトレードに使える3,000円のQASH、条件を満たすと合計23,000円相当のキャッシュバック! 異なる仮想通貨に変えて、取引所間を移動できるのが仮想通貨の良いところですよね♪ リップルでの25倍レバレッジ取引を開始。

QUOINEX
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 coperu100

こぺる 仮想通貨・リップル

個人投資家・ブロガー。SBI・金融機関出身で独立。リップル・XRP、仮想通貨、投資についてツイート。ブログ開始2週間で5万PV達成。高校時代にTOEIC900点達成。日英仏語トリリンガル。週刊SPA・Yahoo・コインチョイスなどへ寄稿

4 thoughts on “韓国の仮想通貨取引所 Bithumb $3千万のハッキング被害 にあう

  • 2018年6月21日 at 3:57 PM
    Permalink

    こぺる様

    いつもありがとうございます。
    仮想通貨取引所のハッキングや不正送金のニュースを見るたびに自己管理しなくてはと思うのですが、よくわからなくて…。

    ハードウェアウォレットを検討してますがこぺるさんのおすすめのウォレットを教えていただけると幸いです。

    ねね5

    Reply
    • 2018年6月21日 at 10:44 PM
      Permalink

      ねね5さん

      コメントありがとうございます。

      ハードウェアウォレットであれば、定番のレジャーナノエスをオススメしております。
      https://hardwarewallet-japan.com/?afwp=355

      保管方法は、自己管理なのか、他社管理(取引所含む)でわかれます。次に、オンラインなのか、ローカルでの保管なのか
      に分類されます。安全なのは、ローカルにて、自分で管理する方法です。

      こぺる

      Reply
  • 2018年6月22日 at 10:08 AM
    Permalink

    こぺる様

    資料まで添付していただいて、ありがとうございます(*´ー`*)
    早めに購入します‼️

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。