リップル、ナスダック、ICE、Krakenなどが米下院議員に招致、ICO規制について議論

期間限定で、ビットポイントに口座を開設すると3千円分をもらえます♪ 無料で口座を開設して、リップルをゲットしちゃいましょう。

オハイオ州選出 米下院議員のウォーレン・デビッドソン氏は、Axios社のインタビューの中で、仮想通貨業界の”ビッグプレイヤー”をICO(新規仮想通貨公開)の規制について議論するために招待している、と語った。

招待企業の中には、リップル社、Nasdaq、ICE、CMEなどが含まれ、Axiosの報道によると、32社が招待されている。

議論は9月25日に、連邦議会議事堂にて予定されている。

招待を受けているのは誰か?

招待を受けている32のリストの中には、以下のような組織が含まれる。

・ベンチャーキャピタル:Andreesen Horowits, Union Square Ventures

・取引所:ICE、Kraken、Nasdaq、CME Group、Circle

・リップル社、Harbor、Coinlist

異なる業界から、主要な組織が選ばれていることが見て取れる。

【おすすめ記事】与沢翼氏が見通すリップル(XRP)の将来 リップルだけで20億を稼ぐ

主要な論点は何か?

Axiosの報道によると、主要な論点は、ICOが有価証券として適格か否かであると述べる。

SEC(米国証券取引委員会)委員長のジェイ・クレイトン氏は、過去に第三者によって利益を得るトークンは証券であると述べている。

一方、今年6月には、SECのウィリアム・ヒンマン氏は、現状のイーサリアムの根底にあるネットワークは十分に分権化(分散化)されているため、イーサリアムは有価証券ではない、との見解を講演で示している。

今秋に、ウォーレン議員は法案の提出を予定しているとのことだ。

次にオススメの記事

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 coperu100

こぺる 仮想通貨・リップル

個人投資家・ブロガー。SBI・金融機関出身で独立。リップル・XRP、仮想通貨、投資についてツイート。ブログ開始2週間で5万PV達成。高校時代にTOEIC900点達成。日英仏語トリリンガル。週刊SPA・Yahoo・コインチョイスなどへ寄稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。