テザー問題 仮想通貨USDTの裏付け確認を、元FBI長官の法律事務所に依頼

テザー問題 仮想通貨USDTの裏付け確認を、元FBI長官の法律事務所に依頼
結論:正式な監査は得られていない

6月20日、テザー社は、テザー問題 仮想通貨USDTの裏付け確認を、元FBI高官の法律事務所を通じて、弁護士と依頼者とのコミュニケーションと題する3ページの作業報告書を提出した。

報告書は、法律事務所 Freeh Sporkin & Sullivan, LLP (以下、FSSと省略)によって作成された。同事務所は、ブッシュ大統領(父)の時代の元FBI長官 Louis Freech氏らによって設立された法律事務所である。

報告書の中で、条件付きではあるが、2018年6月1日時点で流通しているUSDTについての資産について確認が取れたと結論付けられている。

一方、同報告書はテザー社が、会計監査報告を得ることができなかったための次善の策であり、複数の点で疑念を残す結果となった。

ごく簡単に、報告書の内容を見たいと思う。テザー問題については、テザー問題 仮想通貨USDTに、裏付けはあるのか? ビットコインの裏に潜む疑惑のポストをご覧ください。

結論:会計監査を得ることができなかった

ツイッター上では、合法性が完全に証明されたなどと述べられているが、合法性は確認されていない。

報告書の中で、『FSS法律事務所は、本契約の一環として、テザー社の管轄地域内にて適用される法律や規則に準拠しているとの結論に達しませんでした』と結論付けられている。

会計基準や法律には準拠していないが、テザー社と銀行から提供された情報が正しいと仮定するならば、2018年6月1日に限って言えば、銀行残高の裏付けが取れた、と述べているにすぎない。

その前後の日程についても確認が取れておらず、ピンポイントで6月1日だけに限定した意見表明である。

ということで、簡単に内容を見ていってみよう。

重要な点は、以下2点である。

  • 法律事務所によって発表された報告書
  • ① 監査報告書ではない点
  • 結論:監査報告を得ることはできなかった。
  • ②6月1日時点での確認しか取れていない点
  • ②6月1日時点での確認しか取れていない点

テザー社の結論は、会計監査を得ることはできなかった。

報告書は、 法律事務所 FSS社によって作成されたものであり、会計事務所によって監査を受けた監査報告書ではない。

テザー社ゼネラル・カウンセル(法律顧問)のステュアート・ホグナー氏は、6月19日のブルームバーグへの電話インタビューで『結論は、監査を得られないことです』と語った。

また、『4大監査法人(PwC, KPMG, E&Y, Deloitte)は、仮想通貨取引所の監査引受についてのリスクの水準に困惑しており、テザー社(私たち)は次善の策と考えられること(法律事務所に依頼)を実施した。』と語った。

要は、会計監査報告書の取得ができないため、苦肉の策としてテザー社がFSS社に依頼をしたのである。あくまでも、会計監査報告書の提出が求められている事実に変わりはない。

6月1日、ピンポイントの日時でしか確認が取れていないこと

FSS法律事務所は、テザー社が契約する2つの銀行での銀行残高確認する日付として、6月1日を選んだ。銀行への確認については、「Tetherへの事前の通知や相談なしに確認する」ことができるとした。

調査の結果、法律事務所は、銀行から公証を受けた残高証明を受け、6月1日の時点で、2銀行併せて約25.5億ドルの残高をテザー社が保有していることの確認がとれたが、銀行名については、テザー社は非公開会社であるため『非公表です』として明らかとなっていない

昨年、9月に提出された社内メモで銀行口座は黒塗りとなっていた

FSS法律事務所は、テザー社や銀行から入手した情報が正しいとの前提で判断を下しており、その完全性を担保するものではない。

以下、FSS法律事務所によるテザー社の残高確認についての注意点をいくつか抜粋する。

注意1:アメリカの会計原則に則った監査ではない点

「FSSは会計事務所ではないため、一般に認められた会計原則を用いた確認・監査を実施していない」点。要は、会計監査報告書ではないということである。

テザー社は、18年1月に、当時の会計監査事務所のFriedman LLPとの関係を解消しており、今回のブルームバーグへのインタビューでも、会計監査を得ることはできなかったことを認めている。したがい、改めて会計監査が求められる。

注意2:6月1日、ピンポイントの日時でしか確認が取れていない点

18年6月1日時点ではUSDの準備金確認が取れたが、前後が不明

FSS法律事務所は、6月1日の時点での銀行残高についての確認は取れたが、その前及び将来についての判断は下していない。

要は、6月1日の確認した時点では100%あったが、3月31日、17年12月末、18年9月末などの前後の時点で、継続的に確認が取れるかについての判断を下していない

注意3:テザー社からFSSに提供された情報が必要十分か

FSS法律事務所に提供された情報の十分性については何も表明していない点。あくまでも、テザー社や第三者の関係者から入手した情報に基づいて情報・データをもとにしているという点。

まとめ テザー問題 仮想通貨USDTの裏付け確認を、元FBI長官の法律事務所に依頼

結論としては、6月1日の一時期においてだけだが、USDTの資金の裏付けが取れたことは前進である。

一方で、テザー社は会計監査を得ることができておらず、監査法人との関係を解消している。批判がやまないため、次善の策』として法律事務所に依頼したことも認めている

一方のFSS社は確認をしたが、テザー社に適用される法律及び規則への準拠について確認は取れず、銀行残高の確認についても、6月1日のピンポイントでのスナップショットでしか確認が取れていない。

過去においても、テザー社が銀行口座にUSDTと同額の資金を準備していたかはわからない。今回の操作にあわせて、資金を銀行に置いていた可能性を消し去ることもできないためだ。

いずれにせよ、一歩進んだことは確かであり、会計監査法人による正式な監査報告書の提出が待たれる。

この図は、2018年3月31日までに発行されたテザー(USDT)のウォレット間の資金の流れです。Tether Issuer(テザー発行者)から、Biffinexに集約されていることがわかります。

ブロックチェーン技術ではウォレット間の取引記録が全て記録されているので、追跡が可能なためです。

Bit

2018年1月1日より、USDTは米国市民に対して発行することができない

Beginning on January 1, 2018, Tether Tokens will no longer be issued to U.S. Persons.』 2018年1月1日より、テザートークンは米国人に発行されなくなります。

仮想通貨USDTは、中国で

 

XRPは、最も拡張性の高いデジタル資産

Our first hypothesis is that Tether is driven by the investor demand and is always fully backed by U.S. dollars (as with a full-reserve bank). 

There is an intuitive appeal for investors demanding a currency that can provide a stable store of value, support quick transactions, and potentially allow cryptocurrency exchanges to skirt banking regulations required for deposits. If driven by the investor demand as a medium of exchange, Tether issuance and flow should be sensitive to the demand from the market participants who have dollars or other fiat currencies in hand. The ’pulled’ or demand-driven hypotheses comes in two major variants.

 H1A: Tether should be printed when Tether’s premium relative to U.S. dollar increases and not printed at times when it decreases. Tether flows should be strongly related to the changes in Tether-USD exchange rate. 

H1B: The printing of Tether might also be driven by its usefulness as a facilitator of crossexchange arbitrage to eliminate pricing discrepancies across cryptocurrency exchanges. For example, Tether outflows from Bitfinex to another exchange should primarily correspond to periods when Bitcoin sells at a premium on Bitfinex relative to that exchange.

First, like an inflationary effect of printing money, issuing Tether could significantly push cryptocurrency prices up by generating an artificial demand for them. 

Since most cryptocurrency exchanges and early movers are long in Bitcoin and other cryptocurrencies, they would benefit from such a large price appreciation. 

Second, since Tether issuances are large, if traded strategically, Tether could be used to manipulate the price of Bitcoin. 

This enables Tether issuers to stabilize and/or set regionalized price floors and push the price of Bitcoin and other cryptocurrencies upward. 

If Bitcoin prices increase, then the founders can cash out the acquired Bitcoins into dollars, likely at a slower pace and on an opaque channel that has less price impact than their initial buying behavior. If the Tether issuers wish to legitimize Tether and avoid scrutiny, they can convert some of their cryptocurrencies to U.S. dollars and retrospectively provide dollar reserves for Tether

H2A: If Tether issuers are trying to purchase Bitcoin at low prices and provide stability to the market during the downturn, outflows of Tether and purchases of Bitcoin by Bitfinex should follow periods of negative Bitcoin returns.

 H2B: If the Tether supply is large, Bitcoin purchases with Tether from Bitfinex could push the Bitcoin and other cryptocurrency prices up. This effect should be more pronounced in periods with large Tether issuances. 

H2C: Bitcoin returns should show a return reversal after negative returns, especially during times when Tether is actively printed. 

H2D: Since round-number thresholds can be price anchors to set a price floor and are often used as buying signals by investors, bitcoin purchases using Tether might increase if Tether falls below these salient thresholds. This effect should be more pronounced in periods with large Tether issuances. 

 

H2E: If Tether is not fully-backed by dollars at the outset and instead is engaged in fractionalreserve-banking activity, but the issuers want to signal to investors otherwise by releasing EOM accounting statements, then Tether creators must liquidate the Bitcoins into U.S. dollar to demonstrate sufficient reserves. 

 

This could create negative returns in Bitcoin at the EOM. This effect should be more pronounced in periods with large Tether issuances. In the next section, we discuss the data and details behind testing the developed hypotheses

University of Texas at Austin finance professor John Griffin and graduate student Amin Shams just posted a paper suggesting that cryptocurrency prices are manipulated.  The paper has received a great deal of attention in the media, but there is a disconnect between the paper and the press coverage in terms of quantification. 

 
 

For example:

 
 
  • The authors suggest the cryptocurrency exchange Bitfinex buys bitcoin with another cryptocurrency — tether — to push up Bitcoin prices. How much? Four basis points per 100 bitcoin. With Bitcoin at $10,000, for example, that means Bitfinex spends $1 million to push the price up to $10,004.
  • The authors assert that the purchases are not random in that they occur more often after Bitcoin prices have fallen. How much? After the biggest drops in Bitcoin price,1  Bitfinex buys 72 extra bitcoin. More than 100,000 Bitcoin frequently trade in an hour, and often much more during periods of high volatility.
  • The authors examined the 87 hours with the largest flows of bitcoin and tether and found that the hours following them accounted for 50 percent of the “meteoric rise” in bitcoin. That sounds impressive, but the rise over the period discussed was from about $1,000 to $8,000. The authors used compounded returns, which mean returns in those 87 hours averaged 1.2 percent. For the S&P 500 Index, a 1.2 percent move is a big hour. For Bitcoin, not so much.

To an academic, it’s often more important that a result have “statistical significance,”which is to be clearly something other than random noise, than “practical significance,” which is to be of a size that would interest a trader or regulator. But, here too, the results are less than impressive.

 
 
  • The four basis-point increase in Bitcoin prices explains less than 1 percent of the variance. While it technically meets normal standards of statistical significance, given the guesswork the authors had to do to collect data and the complexity of the analysis, I consider it more likely to be noise than signal.
  • The authors have only 20 data points to support the claim of 72 extra Bitcoin, and they fit them using a model with six parameters. The usual rule of thumb is you want 30 observations per parameter to rely on the results, and that’s not taking into account the data and complexity issues mentioned above.
  • The 50 percent “meteoric rise” claim is declared significant because the authors picked 10,000 sets of 87 hours at random, and none of them averaged a 1.2 percent return for Bitcoin. That is indeed strong evidence that the 87 hours following the hours with the largest Bitcoin and tether flows are not random. But we already knew they weren’t random, they were times of high transaction volume, which would be expected to have more volatile prices than average, and trading volume was much higher on the upswings than the downswings.

I don’t mean to be completely negative on the paper.  I’ve played with the data the authors use, and it is very frustrating. There is a lot of work — including a lot of guesswork, unfortunately — to compile numbers that can be used to test hypotheses. The tests themselves are complex. Moreover, it’s likely that the phenomena under study are evolving rapidly during the study period. As a result, any conclusions have to be taken as suggestive only. But in areas as little understood as cryptocurrency trading dynamics, even suggestions are valuable. (Full disclosure: I own Bitcoin and other cryptocurrencies.)

 
 

I’ve only touched on the headline claims of the article. There is a lot more substance in it. Some of the claims that got less attention have better support. Anyone seriously interested in these issues should read the paper, not as an authoritative last word, but as a plausible account backed by some data.

I also don’t mean to deny that cryptocurrency prices are manipulated. I’m a crypto-believer, and am impressed by the huge amount of honest developer talent and innovative vision improving the crypto code base every day, whether prices are soaring or crashing, more for love than money. That is where I put my faith. But there are plenty of crooks and profiteers as well. It would be extraordinary if some of them weren’t trying to manipulate prices — and worse. 

Moreover there are obvious inconsistencies in the complex and novel cryptocurrency markets. That makes it unclear whether behavior is manipulation or rationalization. This paper is a small step in improving our understanding, not an indictment of tether or cryptocurrencies.
 

This column does not necessarily reflect the opinion of the editorial board or Bloomberg LP and its owners.

  1. Specifically, the paper looked at all three-hour periods from March 1, 2017 to March 31, 2018 and found that after the 5 percentwith the largest declines, Bitfinex bought an average of 72 bitcoin in the following hour.

To contact the author of this story:
Aaron Brown at [email protected]

To contact the editor responsible for this story:
Robert Burgess at [email protected]

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 coperu100

こぺる 仮想通貨・リップル

個人投資家・ブロガー。SBI・金融機関出身で独立。リップル・XRP、仮想通貨、投資についてツイート。ブログ開始2週間で5万PV達成。高校時代にTOEIC900点達成。日英仏語トリリンガル。週刊SPA・Yahoo・コインチョイスなどへ寄稿