ビットバンク(bitbank)の評判 メリット・デメリット

ビットバンク(bitbank)の評判 メリット・デメリット

こんにちは、こぺる(@coperu100)です。仮想通貨取引所 ビットバンク(bitbank)の評判 メリット・デメリット について、お伝えします。

bitbankは、金融庁登録の仮想通貨取引所で、手数料無しで安くリップルや仮想通貨を買えるオススメの取引所です。

 

まずは、ビットバンクの会社概要をサクッと見てみましょうか。

ビットバンク(bitbank)ってどういう会社なの?

bitbankは、仮想通貨取引所です。

日本で最も速く金融庁に登録を受けた仮想通貨取引所の1社です。

社名ビットバンク株式会社
住所〒141-0031 東京都品川区西五反田7丁目20-9 KDX
西五反田ビル7F
設立2014年5月
役員

代表取締役CEO 廣末紀之

資本金11億3100万円(資本準備金含む)
業務内容

仮想通貨関連事業

関東財務局長(仮想通貨交換業者)登録番号 第00004号

所属団体

日本仮想通貨事業者協会

ブロックチェーン推進協会

bitbankは、資本金が11億円あり、仮想通貨の団体にも所属している企業です。

規模が大きくて、安心ですね。

無料でビットバンク(bitbank)を開設して、タダで取引する。

  • ビットバンクの3つのメリット
  • ① 手数料ゼロ:全通貨手数料0で取引できる
  • ② 安心・安全:金融庁の仮想通貨交換事業者に登録
  • ③ 使いやすい:多彩なチャートをスマホから使える

①ビットバンクのメリット – 全通貨ペアを手数料ゼロで取引 

bitbankは全ペア取引手数料無料キャンペーン実施中の仮想通貨取引所

今なら、ビットバンクは、手数料ゼロで取引できます。ゼロ、です。ありえないですよね。

将来的には、リップルが安いところで取引をすれば良いですが、今、日本で一番安くリップルを変えるのは、ずばり、bitbankです。

 

ビットバンク(bitbank)のメリット:手数料ゼロで取引

この通り、ゼロです。リップル以外の、ライトコイン、イーサリアム、モナ、ビットコインキャッシュもゼロなので、お得ですね。

実際、全世界のリップルの取引量の30%くらいが、今ではビットバンク経由なので、世界最大のリップル取引所です。

ビットバンク(bitbank)のメリット:リップル取引量世界1位

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

ビットバンク(bitbank)は、リップルの取引量も世界1位です。取引量が多いので、買いたい価格・売りたい価格で売買することができます♬

無料で開設して、タダで取引ができます。

② ビットバンクのメリット – 安心・安全 正規の仮想通貨取引所

bitbank-safety

ビットバンクは、安心・安全です。まだ、情報流出・その他不正にあったことがありません。

ビットバンクは金融庁の仮想通貨取引所にも正規登録されています。

また、資産は、コールドウォレットにて管理されているので、対策は十分です。

  • リップルを無料で買うならビットバンク

③ ビットバンク(bitbank)のメリット-ビットバンクのチャート使いやすい

ビットバンクでは、トレーディングビューのチャートを使っています。

移動平均線・ボリンジャーバンド・MACD・RSIなど、主要なテクニカル指標は全て表示して、保存が可能です。

ビットバンク(bitbank)のメリット-仮想通貨をビットバンクに貸してるだけで、お金がもらえる

bitbank(ビットバンク)なら仮想通貨を貸して増やせる!1年間最大年率5%!

今なら、買った仮想通貨をビットバンクに貸すことで、金利を得られるレンディングも開始しています。

「仮想通貨を貸して増やす」とは、ビットバンクとお客様が仮想通貨貸借取引契約を締結し、最大5%の料率を乗じた仮想通貨を、利用料として1年後に受け取ることができるサービスです。

レンディングについては、まずはビットコインで開始されます。その後、リップル、ライトコイン、モナーコイン に拡大される予定です。

 

手元のウォレットに、眠っているだけの仮想通貨があるなら、ビットバンクに預けておくだけで、最大5%の手数料を得ることができるのは良いことだと思います。

 

次に、ビットバンクの評判をちょっと見てみましょう。

ビットバンク(bitbank)の評判

ビットバンクの評判:素人でも使いやすい

素人が使いやすくて、見やすいみたいですね。

ビットバンクの評判:注文が通りやすい

ビットバンクの評判:チャートや機能も日々改善

要は、素人にも使いやすくて、注文も通りやすくて、チャートも使いやすい。

その上、無料で口座も開設できるってことです。

今なら、期間限定で手数料ゼロで取引できますので、口座を開設しておきましょう。

ビットバンク(bitbank)の評判 メリット・デメリットまとめ

まとめると、

手数料ゼロで取引ができて、

金融庁に登録されている仮想通貨交換事業者で、資産はコールドウォレット保管だから安心

③しかも、トレーディングビューが使えて、更に、これからは仮想通貨をビットバンクに預けることで、年間で最大5%の利用料を受け取ることができます。

なので、ビットバンクはおすすめです。

是非、この機会にビットバンクでトレードをして、手数料の節約をオススメいたします。

ビットバンク(bitbank)のデメリット

じゃあ、デメリットは何?ということですが、今のところ、大きなデメリットはありません。

強いて言えば今は手数料が無料で最安値ですが、将来はどうなるかわからない点ですね。けど、その時は安いところで取引をすれば良いので、デメリットではないです。

こう見てみると、メリットが上回ると思います。

  • ビットバンクの3つのメリット
  • ① 手数料ゼロ:全通貨手数料0で取引できる
  • ② 安心・安全:金融庁の仮想通貨交換事業者に登録
  • ③ 使いやすい:多彩なチャートをスマホから使える

ビットバンク(bitbank)のチャートの活用

  • 仮想通貨を貸してお金を増やすならビットバンク

ビットバンク(bitbank)の評判 メリット・デメリット

この記事を読んでリップルのXRPをもっと知りたい方は、リップルを最安値で購入する方法についてはビットバンクの評判、メリット・デメリットの記事を御覧ください。私は、元ネット金融(SBI)出身ですので、他のブロガーの方々より内情にも詳しく、当然、何が良いかがわかります

リップルについて、もう少し知りたいというお方には、リップルとは、XRPについて知っておくべき10の事実、がオススメです。

リップルとXRPの違いについて>>>>>>リップルとXRPの5つの違いとは?

リップルの海外パートナーとの事業展開については、スペイン語圏No.1銀行で総資産190兆円の、サンタンデール銀行でリップルの国際送金アプリ提供開始をお読みいただけると理解が深まります。

インドとリップルの将来性については>>>>>>なぜ、インドがリップルを上昇させるのか?を御覧ください。

>>>>>VISAネットワークを活用したリップルとSBIの取り組みについて

 

リップルとビル・ゲイツ財団の共同事業モジャループ 20億人市場の将来性を読めば、リップルの狙いがわかります。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 coperu100

こぺる

個人投資家。金融機関出身で独立。#リップル #仮想通貨 #英語 についてツイート。高校時代にTOEIC900点達成。日英仏語トリリンガル。週刊SPA取材記事:https://amzn.to/2rM94NP

6 thoughts on “ビットバンク(bitbank)の評判 メリット・デメリット

  • 2018年5月7日 at 11:21 PM
    Permalink

    こぺる様

    いつもありがとうございます。
    こぺるさんおすすめのビットバンクを利用しようと思ってます。
    無知なので教えてほしいのですが、仮想通貨貸借取引契約を締結し、最大5%の料率を乗じた仮想通貨を、利用料として1年後に受け取ることができるサービスを受けると暴落や暴騰のときに売れないのですか?

    リップルの将来性を考えて長期保有したいけど、ボラが凄いので暴落時は逃げたいです。
    3/20のブログ記事に仮想通貨の規則性を解説してくださってるので売買の参考にさせていただいてます。

    ねね5

    Reply
    • 2018年5月8日 at 1:06 AM
      Permalink

      ねね5さん、ご質問ありがとうございます。

      解約は可能です。ただし、手数料が必要です。一方、契約には手数料金が不要です。
      投資信託などの契約は、通常、契約時に手数料+利益に応じた手数料がとられます。

      ビットバンクでは、現在、購入する際の手数料ゼロ、しかも貸借取引契約の手数料もゼロ、利益への利率もゼロ
      、です。ただし、解約時には5%の手数料がかかります。

      コインチェックやDMMなどでアルトコインの取引をすると、購入時の手数料だけで3%~取られます。
      要は、売買の往復で、5%以上です。

      そう考えると、貸借をして契約を解除する人は、通常の販売所で手数料を払って売買したことと同じ結果です。

      暴騰・暴落(どの程度を指すのか)わかりませんが、中長期保有というよりは、売買をすることが
      前提にあるように見受けられます。(仮想通貨の値動きの規則性を意識しているため。)

      中長期保有は、一時的な含み損も含めて(与沢さんも、10億以上リップルで利益を出していますが、途中は30~40%の含み損を抱えています。)
      保有しています。暴騰時や暴落時にExitしたいならば、貸借はオススメしません。

      こぺる

      Reply
  • 2018年5月8日 at 7:35 AM
    Permalink

    こぺる様

    ありがとうございます。
    解約を考えるなら貸借しないようにします

    こぺるさんを通じてリップルを知ってまだ調べ始めたばかりです。1月400円位から4月50円位になってたので、1年縛りの貸借に不安を感じて質問してしまいました。
    丁寧な回答をありがとうございました。
    リップルの成長を見守りながらトレードのスタイルを変えていこうと思います。

    ねね5

    Reply
    • 2018年5月8日 at 2:42 PM
      Permalink

      ねね5さん 解約を考えるなら、自由に売買できる状態を選ぶのが正解かもしれません。

      こぺるを通じて、リップルを知ってくれたとのこと、ありがとうございます。
      まずは、よく情報を得て、それで将来性に可能性を感じたら貸借に変えるなどのほうが良いかもしれませんね。

      トレードや投資に関する本や情報もブログでアップするので、是非、ご覧になってください。

      こぺる

      Reply
  • 2018年5月8日 at 4:01 PM
    Permalink

    こぺる様

    ビットコイン投資
    アフタービットコイン

    読んで勉強します‼️
    ありがとうございます

    Reply
    • 2018年5月8日 at 4:26 PM
      Permalink

      ねね5さん、いつもコメントありがとうございます。

      こうして、こぺる100番台にコメントをいただけてとても嬉しく思います。

      https://bit.ly/2rqLtB2

      新しくブログ記事を書きました。ニュートレーダーxリッチトレーダー、この本は投資の原理・原則を
      学ぶ上で勉強になります。

      また、いつでもコメントをしに来てくださいね!こぺる

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。