リップルの共同設立者は、リップル(XRP)の売却を加速したのか?

  • リップルの共同設立者ジェド・マケーレブがXRPの売却を加速したとWSJ・コインテレグラフが報じた。
  • ジェドは、リップル社との契約に基づき売却する必要がある
  • 売却は契約に基づき、適切に行われている

お得なキャンペーン中

今なら、期間限定ビットポイント無料口座を開設すると3千円分のビットコインをもらえます。

ビットポイントは上場企業リミックスポイント(資本金40億以上)が運営するセキュリティAクラスの安心のリップル取扱いの取引所

リップルの共同設立者は、リップル(XRP)の売却を加速したのか?

ジェドの売却量は、リップル社との契約の範囲内で適切にコントロールされています。

なぜ、そう言えるのかをこれから順を追って説明いたします。以前、約68億XRPの移動があった際に、その47億XRPがジェドのウォレットだったことを解説しましたので、以下の記事もご覧下さい。

68億XRPの移動、約2,600億円!リップルに何があった?マウントゴックスの創業者との関係は?

リップル共同創設者のジェドは、自由にXRPを売却できない

大前提として、ジェド・マケーレブは、自由にXRPを売却できません。ジェドとリップル社は、2016年に契約を締結しています。(リップル社とジェドの最終合意

合意の内容を簡単に説明すると、今現在、ジェドが売却できるXRPの量は、1週間の一日平均取引量の0.75%以下に限定されます。

これは年を経るごとに増加していきます。来年は、1%まで売ることができ、再来年には1.5%まで増加しますが、ここで頭打ちです。1日の平均取引量の1.5%を超える量を売却することはできません

これが契約の基本です。

では、ジェドは実際にどれだけの量のXRPを売却しているのでしょうか?WSJやコインテレグラフは契約の35倍を売却していると報じていますが、これは事実なのでしょうか?

リップル共同創設者のジェドの売却するXRPの量は増えたが契約の範囲内

まず、今回話題となっているジェド・マケーレブの該当となるウォレットアドレスは以下のものです。ジェドはリップルの共同創設者です。彼のウォレットアドレスはいくつかありますが、特定されています。

ジェドのXRPウォレット

リップル共同創設者 ジェドのウォレット

ウォレットのトランザクション履歴を観ると、9月24、23日にも約64万XRPを売却していることがわかります。このウォレットでは、日々、一定量が売却されています。

さて、ここでWSJとコインテレグラフの記事に戻りましょう。記事の中で、以下のように指摘されています。

7月には1日に2万~4万XRPを売っていたが、8月に入ってから1日に49万9312XRP、ある時には75万2076XRPも売却したという。ウォール・ストリート・ジャーナルが計算したところによると、これはリップルと合意した上限を約35倍も上回る額だ』

ここでの問いは2点。

① 8月に入ってから75万2,076XRPを売却した事実があるのか。

②リップル社と合意した上限を35倍も上回るのか

この2点を確かめていきましょう。

75万2,076XRPを売却した事実はある

売却XRP 75万2,076XRPを売却した事実

ジェドのXRPウォレットのトランザクションの8月25日~31日の履歴です。

左の列の赤字をご覧ください。75万2,076XRPが27日~31日にかけて売却されています。26日は2度にわけて売却されていますが、足し合わせると上記の数量になります。

したがい、ジェドのウォレット経由で75万2,076XRPが売却されていたことは事実です。

では、次に、リップル社と合意した35倍をも上回る数量を売却したのかを確かめていきます。

リップル社との合意の35倍を売却したのか?

結論を述べると、ジェドの売却量はリップル社との契約の範囲内に収まっています。更に言うと、契約上限の1/7以下程度の数量です。

以下に表にまとめたので、見ていきます。表を作成するにあたって、数字はコインマーケットキャップから取得しています。売却数量については、ジェドのウォレットの履歴から取得しています。

ジェドの売却量とリップル社との合意の比率比較
  • A列:XRPの終値
  • B列:1日の取引量
  • C列:ジェドの売却XRP量
  • D列:XRPのUSD相当額
  • E列:8月25~31日の平均取引高
  • F列:同期間の売却上限額
  • G列:ジェド売却量の比率

ここでリップル社とジェドの契約を思い返しましょう。契約では、1週間の1日当たりの平均取引量の0.75%まで売却できる、とあります。

端的にいうと、ジェドの売却量は8月25日~31日の平均取引量の0.1%前後で推移しています(上記G列)。したがい、契約上限の0.75%を遥かに下回ります(F列)。

今回、このようなミスが起こった背景には、

①WSJ紙およびコインテレグラフ紙がリップル社とジェドの契約を把握していないこと。

②XRPの取引やウォレットの履歴をさかのぼって正確に確かめていないこと。

ちなみに、68億XRPの移動、約2,600億円!リップルに何があった?マウントゴックスの創業者との関係は?で述べたように、ジェドのウォレットはリップル社の管轄下にあるため、ジェドが個人の意志で自由に売買することは不可能です。

わけのわからない噂にだまされないようにしましょう。SWELLが来週まで迫ってきましたね!

ブラジル・サウジアラビアの中央銀行出席、リップルのSWELL

お得なキャンペーン中

今なら、期間限定ビットポイント無料口座を開設すると3千円分のビットコインをもらえます。

ビットポイントは上場企業リミックスポイント(資本金40億以上)が運営するセキュリティAクラスの安心のリップル取扱いの取引所

今、DMMビットコインでは、口座開設で1,000円、条件を満たすことで500名にハードウェアウォレット(レッジャーナノS)をプレゼントするキャンペーン中です♪

DMM Bitcoin

Liquidでは口座開設でトレードに使える3,000円のQASH、条件を満たすと合計23,000円相当のキャッシュバック! 異なる仮想通貨に変えて、取引所間を移動できるのが仮想通貨の良いところですよね♪ リップルでの25倍レバレッジ取引を開始。

QUOINEX

いつもこぺる100番台 リップル・仮想通貨投資ブログをご覧いただきありがとうございます。

コメントやSNSでシェアをしていただけると嬉しいです。

ご協力いただき、ありがとうございますm(_ _)m

【おすすめ記事】与沢翼氏が見通すリップル(XRP)の将来 リップルだけで20

リップルの共同設立者は、リップル(XRP)の売却を加速したのか?

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 coperu100

こぺる 仮想通貨・リップル

個人投資家・ブロガー。SBI・金融機関出身で独立。リップル・XRP、仮想通貨、投資についてツイート。ブログ開始2週間で5万PV達成。高校時代にTOEIC900点達成。日英仏語トリリンガル。週刊SPA・Yahoo・コインチョイスなどへ寄稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。