リップル(Ripple)へ出資・投資した企業:『Google、SBI』 も !

  • リップルの出資者にはGoogle、サンタンデール、アクセンチュアなどがいる
  • 最初の投資家たちには、Krakenの創業者・CEOも

おすすめリップル取引所

リップル(XRP)は、時価総額で2~3位につける仮想通貨です。

アメリカン・エキスプレスとの提携三菱UFJ銀行との協力関係SBI・りそな・スルガの3行でリップルを活用した送金アプリマネータップの開発など国内外の金融機関が、次々にリップル社のサービスの採用や提携を発表しています。

リップル社は、事業を開始するにあたって、どのような企業から出資を受けていたのでしょうか。少し振り返ってみてみましょう。

リップル社の概要:SBI・グーグルも出資

リップル社への出資:合計9,360万ドル

リップル出資者・投資家リスト

出典:Crunchbase(英語)を元に整理

リップル最初の投資家:ジェス・パウエル、Kraken創業者・CEO

リップルは、12年10月の一番最初の20万ドルの出資の際に、Krakenの共同創業者でCEOのJジェス・パウエル氏から出資を受けています。

ジェス・パウエルは、ツイッターのプロフィールを見ると、『ビットコイン熱狂者』と書かれていますが、リップル共同創業者のジェド・マケーレブと関係があり、リップル社に投資したことが知られています。

13年4月:リップル出資者にアンドリーセン・ホロウィッツが加わる

アンドリーセン・ホロウィッツは、全米でも有数のベンチャーキャピタル。Facebook、Twitter、Skype、Airbnbなどに出資をして成功を収めています。『HARD THINGS 答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか』の著者としても有名です。

そのVCがリップル社の可能性に気付き、初期段階で出資をしていることは特筆すべきことです。

翌月、Google(グーグル)のリップルへ出資

アンドリーセン・ホロウィッツが出資をした翌月の13年5月には、Google Ventures(グーグルベンチャーズ)を含む4社から、140万ドルを集めています。

これは想像になりますが、VCとして影響力のあるアンドリーセン・ホロウィッツ社が出資したことが、契機になった可能性はあります。

リップル社は、ICOで資金調達をしていない

その後も、次々と出資を集めます。

ここまで読めばわかると思いますが、リップル社はICO(仮想通貨のXRPの上場)で資金を集めていません

あくまでも、投資は、リップル社に対して行われています。XRPに投資が実行されたわけではありません。

【関連記事】
リップルとXRPの違い とは?5つのポイント

その後、金融機関のベンチャーキャピタルなどが出資者として名を連ねてきます。

15年10月、サンタンデールがリップルに出資

リップルのサービスを活用した国際送金アプリOnePay FXを展開し、リップルネット委員会のメンバーでもあるサンタンデールグループは、リップルへの出資社でもあります。

以下のように、リップルを活用した世界初の国際送金アプリを4カ国で展開しています。

16年9月:SBIやアクセンチュアが55億円リップルに出資

最後の段階の出資で、リップルは55億円の出資を集めました。

ここでは、SBIがリード投資家です。

他には外資コンサルティング企業のアクセンチュア英国の世界大手のスタンダード・チャータード銀行などが出資社として名を連ねます。

スタンダード・チャータードは、リップルの戦略的重要性について語るなど、重要な銀行です。

なお、SBIはリップル社とSBI Ripple Asiaを共同出資して設立し、マネータップや内外為替一元化コンソーシアムの運営などに力をいれ、アジアでのリップルのマーケティングを行っております。

以上、見てきたようにリップルには、Google、SBI、サンタンデール、スタンダード・チャータード、他にも数多くの有望なVC企業が出資しています。

xRapidの導入企業も増えてきており、今後に、目が離せませんね♬

Zaif、ビットフライヤーなどが新規受付を停止、コインチェックでもリップル取引はまだできない。ビットバンクはサーバーが停止する。

そのような状況で、ビットポイント↗をおすすめしています。口座をお持ちでない方は、この機会をご活用ください。

おすすめのリップル取引所

今なら、期間限定ビットポイント無料口座を開設すると3千円分のビットコインをもらえます。

上場企業リミックスポイント(資本金40億以上)が運営するセキュリティAクラスで安心のリップル取扱いの取引所

【関連記事】
ビットポイントとビットバンク 徹底比較↗

ビットポイントの評判・メリット・デメリット↗

お得なキャンペーン中

QUOINEX

Liquidでは口座開設でトレードに使える3,000円のQASH、条件を満たすと合計23,000円相当のキャッシュバック! 異なる仮想通貨に変えて、取引所間を移動できるのが仮想通貨の良いところですよね♪ リップルでの25倍レバレッジ取引を開始。

今、DMMビットコインでは、口座開設で1,000円、条件を満たすことで500名にハードウェアウォレット(レッジャーナノS)をプレゼントするキャンペーン中です♪

DMM Bitcoin

ルーチンチェックシートダウンロード

こちらから、無料でエクセルをダウンロードできます。

いつもこぺる100番台 リップル・仮想通貨投資ブログをご覧いただきありがとうございます。

コメントやSNSでシェアをしていただけると嬉しいです。

ご協力いただき、ありがとうございますm(_ _)m

リップル(Ripple)へ出資・投資した企業:『Google、SBI』も の次にオススメ記事

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 coperu100

こぺる 仮想通貨・リップル

個人投資家・ブロガー。SBI・金融機関出身で独立。リップル・XRP、仮想通貨、投資についてツイート。ブログ開始2週間で5万PV達成。高校時代にTOEIC900点達成。日英仏語トリリンガル。週刊SPA・Yahoo・コインチョイスなどへ寄稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。