リップル社、Amir Sarhangi氏を製品部門のVPとして採用。元GoogleのRCS責任者。

  • リップル、Amir Sarhangi氏を製品部門のVPとして採用
  • Amir氏は、元GoogleのRCS責任者
  • 製品部門トップはBirla氏の元に付く

おすすめリップル取引所

リップル社、Amir Sarhangi氏を製品部門のVPとして採用

リップルは元GoogleのAmir Sarhangi氏を製品部門のVice President(VP)として採用したことをロイター紙に明らかにした。

※リップル社の組織はVPの上にSenior VPとBoard of Directors(取締役)がいます。Amir氏の所属する製品部門は、SVPのBirla氏がトップです。

Amir紙はGoogleRCS責任者だった

Amir氏は、GoogleではRCS(リッチコミュニケーションサービス)の責任者であった。

今年9月に、ソフトバンクがRCSとブロックチェーンを活用したモバイルペイメントの領域に参入してきていますね

RCSは、LINEみたいなもの

RCSで何ができるようになるのか。

一言でいうと、『異なる携帯キャリア間で、国際間のやり取りを円滑化すること』ができます。

リップル社は、モバイルペイメントの領域での活用を目指していると想像されます。

リップルではサンタンデールの国際送金アプリSBIのモバイル送金アプリマネータップが既に稼働していますが、今後への布石でしょう。

メッセージ国際規格のRCSとは?

通信キャリア間でグローバル規模でのモバイル決済ができるプラットフォーム
RCSは、マルチメディアメッセージの送信やグループチャットなどを、相手の電話番号さえわかれば使える。RCS Hubに接続した事業者であれば異なる事業者間でもやり取り可能。

RCS(リッチコミュニケーションサービス)は、LINEみたいなものだと思って下さい。

今の携帯に入っているSMS(ショートメッセージサービス)を代替するサービスです。

RCSでは、LINEのようにグループチャット、既読機能、画像や音声を送ったりとマルチメディアに対応しており、リッチ(豊富な)なコミュニケーションが可能です。

だから、リッチコミュニケーションサービス(RCS)と呼ばれます。

リップル社のモバイル領域の発展が楽しみですね♪ 

Zaif、ビットフライヤーなどが新規受付を停止、コインチェックでもリップル取引はまだできない。ビットバンクはサーバーが停止する。

そのような状況で、ビットポイント↗をおすすめしています。口座をお持ちでない方は、この機会をご活用ください。

おすすめのリップル取引所

今なら、期間限定ビットポイント無料口座を開設すると3千円分のビットコインをもらえます。

上場企業リミックスポイント(資本金40億以上)が運営するセキュリティAクラスで安心のリップル取扱いの取引所

【関連記事】
ビットポイントとビットバンク 徹底比較↗

ビットポイントの評判・メリット・デメリット↗

お得なキャンペーン中

QUOINEX

Liquidでは口座開設でトレードに使える3,000円のQASH、条件を満たすと合計23,000円相当のキャッシュバック! 異なる仮想通貨に変えて、取引所間を移動できるのが仮想通貨の良いところですよね♪ リップルでの25倍レバレッジ取引を開始。

今、DMMビットコインでは、口座開設で1,000円、条件を満たすことで500名にハードウェアウォレット(レッジャーナノS)をプレゼントするキャンペーン中です♪

DMM Bitcoin

ルーチンチェックシートダウンロード

こちらから、無料でエクセルをダウンロードできます。

いつもこぺる100番台 リップル・仮想通貨投資ブログをご覧いただきありがとうございます。

コメントやSNSでシェアをしていただけると嬉しいです。

ご協力いただき、ありがとうございますm(_ _)m

リップル社、Amir Sarhangi氏を製品部門のVPとして採用

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 coperu100

こぺる 仮想通貨・リップル

個人投資家・ブロガー。SBI・金融機関出身で独立。リップル・XRP、仮想通貨、投資についてツイート。ブログ開始2週間で5万PV達成。高校時代にTOEIC900点達成。日英仏語トリリンガル。週刊SPA・Yahoo・コインチョイスなどへ寄稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。