リップル活用で利用800%の増加、日々、SWIFTを置き換えていっている

  • この記事のポイント
  • リップル社CEOがブルームバーグTVのインタビューに出演
  • リップルの技術を活用し、20ドルの送金手数料が2ドルにまで劇的に低下
  • 結果として、一晩で800%の利用増加を成し遂げた送金会社がある

リップル社CEOのブラッド(@bgarlinghouse)がブルームバーグTVのインタビューに出演し、リップル社の強み・SWIFTとの噂などについて語りました。

リップルの技術を活用し、20ドル⇒2ドル、一晩で、800%の利用増加​

先週、リップル社の技術を活用することで、顧客向けの送金コストを20ドルから2ドルに下げることに成功した送金業者がありましたが、一晩で800%もの利用増加に繋がりました。

この事例のような800%もの増加や20⇒2ドルへのコスト削減などは、SWIFTでサポートすることが敵わないが、リップル社が今取り組んでいるブロックチェーンのダイナミックさであると、リップルCEOは続けます。

日々、リップルはSWIFTを置き換えていっている​

また、リップルCEOはリップル社とSWIFTの提携の噂を一蹴し、リップル社の顧客は優に100社を越えており、これら顧客の中には、SWIFTの最大級の顧客がいることを指摘。

日々、リップル社の送金事業は、SWIFTを置き換えていっていると述べた。

リップル社の噂には反応しない​

また、噂への対応として、嘘か否かに関係なく噂にはコメントをしないとも述べた。理由は、嘘の噂に反応すると、今度は本当の噂にも反応しなければならなくなる。したがって、噂には反応しないんだ、とのことである。

こぺるの考え。今後、リップルはどうなるのか?​

昨日、リップルCEOがタイサイアム商業銀行によるXRP使用と発言↗の記事で伝えたように、とうとう銀行もXRPの使用を開始しました。

また、日本でも三菱UFJ銀行がリップルを活用した国際送金でブラジルのブラデスコ銀行と覚書締結↗するなど、リップルの活用が進んでいます。

今後、益々、リップルを活用する銀行は増えていくでしょう。近い内には、xRapid↗を採用する銀行も出てくると考えています。

リップルの予備口座としてビットポイント↗をおすすめしています。今なら、キャンペーン中ですので、この機会を活用ください。

おすすめのリップル取引所

Zaif、ビットフライヤーなどが新規受付を停止、コインチェックでもリップル取引はまだできない。ビットバンクはサーバーが停止したり、新たな注文制限を発表。

そのような状況で、ビットポイント↗をおすすめしています。口座をお持ちでない方は、この機会をご活用ください。

【関連記事】

ビットポイントとビットバンク 徹底比較↗

ビットポイントの評判・メリット・デメリット↗

今なら、期間限定ビットポイント無料で口座を開設すると3千円分のビットコインをもらえます。

上場企業リミックスポイント(資本金40億以上)が運営するセキュリティAクラスで安心のリップル取扱いの取引所

お得なキャンペーン中

QUOINEX

Liquidでは口座開設でトレードに使える3,000円のQASH、条件を満たすと合計23,000円相当のキャッシュバック! 異なる仮想通貨に変えて、取引所間を移動できるのが仮想通貨の良いところですよね♪ リップルでの25倍レバレッジ取引を開始。

今、DMMビットコインでは、口座開設で1,000円、条件を満たすことで500名にハードウェアウォレット(レッジャーナノS)をプレゼントするキャンペーン中です♪

DMM Bitcoin

ルーチンチェックシートダウンロード

こちらから、無料で習慣をチェックするためのエクセルをダウンロードできます。

いつもこぺる100番台 リップル・仮想通貨投資ブログをご覧いただきありがとうございます。

コメントやSNSでシェアをしていただけると嬉しいです。

ご協力いただき、ありがとうございますm(_ _)m

リップル活用で利用800%の増加、日々、SWIFTを置き換えていっている

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 coperu100

こぺる 仮想通貨・リップル

個人投資家・ブロガー。SBI・金融機関出身で独立。リップル・XRP、仮想通貨、投資についてツイート。ブログ開始2週間で5万PV達成。高校時代にTOEIC900点達成。日英仏語トリリンガル。週刊SPA・Yahoo・コインチョイスなどへ寄稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。