リップル共同創業者 ジェド、リップル(XRP)の売却加速の噂を否定

  • ジェドがXRP売却加速の噂を否定。
  • リップル社との合意に基づいて売却していると発言。
  • ジェドのウォレットはリップル社の管理下にある。

お得なキャンペーン中

今なら、期間限定ビットポイント無料口座を開設すると3千円分のビットコインをもらえます。

ビットポイントは上場企業リミックスポイント(資本金40億以上)が運営するセキュリティAクラスの安心のリップル取扱いの取引所

リップル共同創業者のジェドがリップル(XRP)売却加速の噂を否定

リップルの共同創業者であるジェド・マケーレブがXRPの売却を加速していると、WSJとコインテレグラフの両社が報道しましたが、ジェド本人が公式に否定しました。

以下の記事の中でジェドのXRPウォレットの動き、契約との関係について記載していますので、ご覧ください。

リップルの共同設立者は、リップル(XRP)の売却を加速したのか?

ジェド本人が正式に否定

定期売却で使用しているXRPウォレット

ジェドは、ウォレットを複数保有しておりますが、日々のXRP売却のために使用されているのは、上記のアドレスです。

他に、47億XRPが保管されているウォレット含めて合計で4~5つあります。ですが、たまにXRPの移動があるだけで、日々動いているウォレットは、現時点では上記の一つだけです。

今回のリップル(XRP)売却加速の誤報による教訓

今回の教訓は、超大手報道機関でも誤りうるとのことです。

①情報源を確かめること。リップル社とジェドの最終合意は、以下のものです。
リップル社とジェドの最終合意

簡単にまとめると、一週間の一日当たりの平均取引高の0.75%までしか売却できないという内容です。これが年度を経るごとに、最大で1.5%まで増え、そこで頭打ちになります(再来年の話)。したがい、ジェドの売却がXRPの価格に及ぼす影響は微々たるもの。

2014年に合意した内容を持ち出す人がいますが、2016年に更新。今回も、14年の合意に言及して私に反論をしてくる海外の方々がいました。

②ウォレットの履歴を追う。

ジェドのXRP売却のために使用されているアドレスは、現在のところ、上述のウォレットです。基本的には、このウォレットを監視していれば大丈夫です。(他にも複数ウォレットがあるので、上記ウォレットの残高が枯渇したら次のウォレットへと移るのかもしれません。)

ジェドのウォレットはリップル社の管理下にあり、自由に売却はできない

 

【おすすめ記事】与沢翼氏が見通すリップル(XRP)の将来 リップルだけで20億を稼ぐ

期間限定でビットポイントに口座を開設すると3千円分のビットコインをもらえます♪ 無料で口座を開設して3千円のXRPに換えてしまいましょう。

いつもこぺる100番台 リップル・仮想通貨投資ブログをご覧いただきありがとうございます。

コメントやSNSでシェアをしていただけると嬉しいです。

ご協力いただき、ありがとうございますm(_ _)m

リップル共同創業者のジェドがリップル(XRP)売却加速の噂を否定

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 coperu100

こぺる 仮想通貨・リップル

個人投資家・ブロガー。SBI・金融機関出身で独立。リップル・XRP、仮想通貨、投資についてツイート。ブログ開始2週間で5万PV達成。高校時代にTOEIC900点達成。日英仏語トリリンガル。週刊SPA・Yahoo・コインチョイスなどへ寄稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。