マーキュリーFX社、XRPを活用することで、お金をより速く、安く送金することが簡単になる

  • この記事のポイント
  • XRPを活用することで、送金をやり速く、安くすることが簡単になる
  • リップル社のxRapidを採用するMercury FXのCEOが上記の趣旨の発言をした

おすすめリップル取引所

マーキュリーFX社、XRPを活用することで、お金をより速く、安く送金することが簡単になる

リップル社のxRapidを活用しているMercury FX社のCEOが、XRPを活用することで資金をより速く、安く送金することは簡単だ、と述べたことを同社の公式ツイッターアカウントがつぶやいた。

”XRPを活用して、あなたのお金をより速く、そして安く送金することは、簡単だ”

リップル社はSWIFTに取って代わる

上記の発言に続けて、Mercury FXのCEOは、リップル社はSWIFTに取って代わると述べる。同社がxRapidを採用したのは、2つの理由からである。

リップル社のxRapidが、

①SWIFTとの比較でよりユーザーに優しい設計で、

②地理的な拡大も簡単であるからだ。

これに続けて、SWIFTとxRapidを比較して以下のように述べた。

”重要な点は、送金に2日を要し、50ドルのコストがかかる支払い手段と、わずか5セントの費用で数秒で完了する支払いがあるということです。

簡単な話です。私は、静かにリップル社がSWIFTネットワークに取って代わると思っています。”

マーキュリーFXは、リップルのxRapidに満足していた

Mercury FX社は、xRapidの試運転を開始した後に以下のようなツイートを公式アカウントを通じて行っていた。

”Mercury FX社は、xRapidの試運転段階での驚くべきスピードと費用対効果に満足しており、近い将来の実用化されることに興奮しています。”

”これまでのところ、リップル社とのコラボレーションは、成功を収めています。”

XRPの採用増加に期待がかかる

今年に入り、一度に13社もの企業(内5社がXRPを採用)↗するなど、XRPを採用する機運は高まってきています。

現時点では、仮想通貨市場全体が落ち込んでいますが、実際には、リップル社の製品を採用する企業の数は、右肩上がりです。市場を取り巻く外部環境が改善した時に、期待がかかります。

おすすめのリップル取引所

Zaif、ビットフライヤーなどが新規受付を停止、コインチェックでもリップル取引はまだできない。ビットバンクはサーバーが停止したり、新たな注文制限を発表。

そのような状況で、ビットポイント↗をおすすめしています。口座をお持ちでない方は、この機会をご活用ください。

【関連記事】

ビットポイントとビットバンク 徹底比較↗

ビットポイントの評判・メリット・デメリット↗

今なら、期間限定ビットポイント無料で口座を開設すると3千円分のビットコインをもらえます。

上場企業リミックスポイント(資本金40億以上)が運営するセキュリティAクラスで安心のリップル取扱いの取引所

お得なキャンペーン中

QUOINEX

Liquidでは口座開設でトレードに使える3,000円のQASH、条件を満たすと合計23,000円相当のキャッシュバック

 異なる仮想通貨に変えて、取引所間を移動できるのが仮想通貨の良いところですよね♪ リップルでの25倍レバレッジ取引を開始。

今、DMMビットコインでは、口座開設で1,000円、条件を満たすことで500名にハードウェアウォレット(レッジャーナノS)をプレゼントするキャンペーン中です♪

DMM Bitcoin

ルーチンチェックシートダウンロード

こちらから、無料で習慣をチェックするためのエクセルをダウンロードできます。

いつもこぺる100番台 リップル・仮想通貨投資ブログをご覧いただきありがとうございます。

コメントやSNSでシェアをしていただけると嬉しいです。

ご協力いただき、ありがとうございますm(_ _)m

【おすすめ】仮想通貨・リップル・XRP記事

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 coperu100

こぺる 仮想通貨・リップル

個人投資家・ブロガー。SBI・金融機関出身で独立。リップル・XRP、仮想通貨、投資についてツイート。ブログ開始2週間で5万PV達成。高校時代にTOEIC900点達成。日英仏語トリリンガル。週刊SPA・Yahoo・コインチョイスなどへ寄稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。