三菱UFJ銀行、リップルの活用で『時間短縮とコスト削減につながり重要』 と語る

  • 三菱UFJ銀行、リップルとの取り組みが重要だと指摘
  • 世界に50以上の支社があり、日々、多くの取引が行われている
  • SWFT➾リップルにすることで時間短縮・コスト削減につながる

三菱UFJ銀行、リップルの活用で時間短縮とコスト削減につながり重要

三菱UFJ銀行の担当者が、『なぜ、リップルのテクノロジーが三菱UFJグループにとって重要なのか』について語る動画が投稿されたので、内容を共有します。

動画の中で、リップルのサービスは、従来のSWIFTのサービスとの比較で、時間短縮につながるだけでなく、コスト削減にもつながるため肝要であることが述べられています。

英語のわかる方は動画をご覧ください。内容については、記事で簡単に説明します。2018年6月20・21日のBlockchain Fintech会議の時のものです。

【関連記事】
AMEX(アメックス)、リップル社のxRapidを使用に合意

 

三菱UFJ銀行がリップルについて語る

三菱UFJ銀行、リップルのサービスを三菱UFJグループ企業間で活用

三菱UFJ銀行は、リップル社のサービスを用いた送金の実験にメリルリンチ、サンタンデールなどの世界的な銀行と共に参加(Global Payment Steering Group:国際送金運営グループ)をしています。

したがい、実験を経て得られた重要性や意義について、語られています。

以下、意訳です。

『なぜ、リップルが私たち(三菱UFJグループ)にとって重要かと言うと、世界中で50以上の国で銀行として展開しているからです。50カ国以上に、支店や営業所があるので、毎日、これらの営業所間で巨額の資金のやり取りをしなければなりません。三菱UFJグループは多国籍企業を多く抱えるので、日々、巨額の(資金)流動性が生まれています。

三菱UFJ銀行、50カ国を超える国でリップルの活用可能性

18年6月30日時点でのデータによると、日本含めて50カ国に三菱UFJフィナンシャル・グループの直轄の支店や法人があります。(台湾と香港は中国としてカウント。)実際には、連結子会社(例えば、三菱UFJモルガン・スタンレー証券などの海外支店)などもありますが、それらは数えておりませんので、より多くの国や地域に展開しており、数百以上のネットワークを形成しています。

現在では、主に、SWIFTのネットワークを活用して資金のやり取りがなされています。

【関連記事】
リップル(XRP)とSWIFTについてのリップラーの見解 ご紹介

三菱UFJ銀行、リップルを活用することでより速く、より安く送金が可能に

上での発言に続けて、以下のように続けます。

『今日では、三菱UFJグループを含め多くの場合、(国際送金の場合)SWIFT経由で支払いを行わなければなりませんが、多くの仲介銀行があるため、手間・費用が発生します。』

『典型的には、SWIFTを介した資金移動のために1~3日間がかかります。一方、リップルの技術を用いると30秒(※スピーカーの言い間違いの可能性。)まで劇的に下げることができます。また、SWIFTよりも、ずっと安いコストです。つまり、時間を節約できるだけでなく、コストも節約できます。』

このように、非常にポジティブな発言です。

つまり、SWIFT➾リップルにサービスを切り替えることで、これまで1~3日かかっていた日数を数秒に削減し、コスト削減にも寄与できるということを三菱UFG銀行が述べているわけです。

実際に、シンガポール⇔タイ間での送金実験なども三菱グループ間で行われており、着実に歩を進めていることがわかります。

今後の進展にも、目が離せません。

【関連記事】
XRPを知るための10の事実
SWIFT、リップルとビルゲイツ財団のMojaloop(モジャループ)の開発に協力

いつもこぺる100番台 リップル・仮想通貨投資ブログをご覧いただきありがとうございます。

コメントやSNSでシェアをしていただけると嬉しいです。

ご協力いただき、ありがとうございますm(_ _)m

三菱UFJ銀行、リップルの活用で『時間短縮とコスト削減につながり重要』の次にオススメ記事

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 coperu100

こぺる 仮想通貨・リップル

個人投資家・ブロガー。SBI・金融機関出身で独立。リップル・XRP、仮想通貨、投資についてツイート。ブログ開始2週間で5万PV達成。高校時代にTOEIC900点達成。日英仏語トリリンガル。週刊SPA、FISCO・コインチョイスなどへ寄稿

10 thoughts on “三菱UFJ銀行、リップルの活用で『時間短縮とコスト削減につながり重要』 と語る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。