マネータップ(MoneyTap)の特徴・メリット・使い方

  • マネータップ(Money Tap)のサービス開始
  • 住信SBI、スルガ、りそなの3銀行で先行商用可が発表
  • 24時間365日、送金が可能となる



マネータップ(Money Tap)のアプリがダウンロードサービスが開始

マネータップ(MoneyTap)の特徴・メリット・使い方

SBI Ripple Asiaがスマホ用送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」の提供を開始しました!10月4日から、住信SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行の3銀行と接続が開始されます。

マネータップ(Money Tap)の公式ウェブサイト

ま以下から、AndroidとAppleのアプリをダウンロードできます。

マネータップ(Money Tap)アプリダウンロード

マネータップ(Money Tap)は、スマホ用送金アプリです。リップル社のブロックチェーン技術が活用されています。

以下の動画にあるように、リップルの技術を活かして、一瞬で接続された銀行同士での送金が可能となります。

マネータップ(Money Tap)の動画デモ

マネータップ(Money Tap)の特徴・メリット・使い方

マネータップ(Money Tap):24時間・365日対応

マネータップ(Money Tap)は、365日24時間、送金可能な日本初のアプリ。

マネータップ:QRコード・電話番号で送金できる

マネータップ(Money Tap)は、QRコード・電話番号で相手を選択して送金できる。

以下のように、QRコードを印刷しておけば、QRコード決済のように活用も可能!

マネータップ(Money Tap)の手数料

・マネータップ(Money Tap)は、ダウンロードや登録が無料。

住信SBIネット⇔スルガ銀行りそな銀行の3銀行は、1回3万円・1日10万円までの送金については、自行内・他行あてを問わず、送金手数料を無料化(2018年10月時点)

現金でのやり取りが主体を占める少額送金についても、キャッシュレス化を促進されます。

※使い方などについても、随時アップデートしてきます。

マネータップは、仮想通貨リップルの技術を活用しています。リップル社には、SBIやGoogleも出資しており、三菱UFJ銀行もパートナーです。そんなリップルの仮想通貨を購入するなら、ビットポイントがオススメです。

BITPOINT

マネータップ(Money Tap)の今後の展望

マネータップは、SBIリップルアジアが事務局を務める内外為替一元化コンソーシアムのメンバーで活用される予定です。

今回、先行商用可した住信SBI、りそな、スルガの3銀行も同コンソーシアムのメンバーですが、この中には、なんと三菱UFJ、三井住友、みずほの3大メガバンクだけではなく、ゆうちょ銀行もあります。

つまり、日本の銀行の四天王が全てとの接続がされていきます。それが、リップルの技術を活用する、ということです。凄くないですか、普通に?

今後に、期待です♪

【おすすめ記事】与沢翼氏が見通すリップル(XRP)の将来 リップルだけで20億を稼ぐ

いつもこぺる100番台 リップル・仮想通貨投資ブログをご覧いただきありがとうございます。

コメントやSNSでシェアをしていただけると嬉しいです。

ご協力いただき、ありがとうございますm(_ _)m

マネータップ(Money Tap)の特徴・メリット・使い方の次におすすめ記事

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 coperu100

こぺる 仮想通貨・リップル

個人投資家・ブロガー。SBI・金融機関出身で独立。リップル・XRP、仮想通貨、投資についてツイート。ブログ開始2週間で5万PV達成。高校時代にTOEIC900点達成。日英仏語トリリンガル。週刊SPA・Yahoo・コインチョイスなどへ寄稿

8 thoughts on “マネータップ(MoneyTap)の特徴・メリット・使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。