サンタンデール銀行、『世界初』のリップルネットを用いたモバイル送金アプリOnePay FXの対象国を拡大

  • リップルSWELLでサンタンデールがモバイルアプリの対象国拡大を発表
  • サンタンデールはリップルネット委員会のメンバー
  • スペイン語圏最大の銀行で、メガバンクと同規模の世界を代表する銀行

お得なキャンペーン中

今なら、期間限定ビットポイント無料口座を開設すると3千円分のビットコインをもらえます。

ビットポイントは上場企業リミックスポイント(資本金40億以上)が運営するセキュリティAクラスの安心のリップル取扱いの取引所

サンタンデール銀行、『世界初』のリップルネットを用いたモバイル送金アプリOnePay FXの対象国を拡大

サンタンデール銀行が『世界初』のリップルネットを用いたモバイル送金アプリOnePay FXの対象国を拡大を、今後数ヶ月の間で予定しているとリップルのSWELLにて発表しました。

これは、とても大きなニュースです。サンタンデール銀行は、1857年創業のスペイン語圏最大の銀行。総資産は約190兆円あり、世界トップ10に入る銀行。

まずOnePayFXについて、簡単に理解してから、次にサンタンデール銀行の凄さを説明します。日本では、SBが、りそな銀行やスルガ銀行と共に送金アプリマネータップを商用化しています。

【おすすめ記事】与沢翼氏が見通すリップル(XRP)の将来 リップルだけで20億を稼ぐ

サンタンデール銀行が、リップルのブロックチェーン技術を活用した国際送金アプリの対象国の拡大を予定

今では、期間限定でビットポイントに口座を開設すると3千円分のビットコインをもらえます♪ 無料で口座を開設して3千円分のXRPをゲットしちゃいましょう。

BITPOINT

サンタンデール銀行の国際送金アプリ OnePay FXとは?

サンタンデール銀行、『世界初』のリップルネットを用いたモバイル送金アプリOnePay FXの対象国を拡大

サンタンデールのOnePayFXのポイントは、3つ。

1.3クリック、40秒で国際送金が完了すること。
2.最初は4カ国からはじめること。
3.市場規模が1.3兆円あること。

サンタンデールのOnePayFXは、リップルネットの技術を活用した世界初のモバイル送金アプリです。SBIのMoneyTapが、日本初で世界2番目。

たったの3クリック、40秒で国際送金が携帯のアプリから完了する画期的なアプリです。

対象国は、スペイン、ブラジル(南米)、イギリス(英語圏)、ポーランド(東欧)。ヨーロッパ大陸と南米大陸、そして英語圏と東欧をカバー。

市場規模が1.3兆円。これって、アマゾン日本事業の2017年1月~12月の年間売上に匹敵する金額です。そう考えると、大きいですよね。

ブラジルの中央銀行は、SWELLに参加が予定されていますが、今後のブラジルの動きは楽しみですね。

【関連記事】
ブラジル・サウジアラビアの中央銀行出席、リップルのSWELL

将来的に、銀行もxRapidを使うようになる

iリップル社プロダクト部門SVP(シニア・バイス・プレジデント)のBirla氏(@ashgoblue)は、Coindeskのインタビューに以下のように見解を示しています。

『リップル社は、銀行が(ブロックチェーン技術の)採用を開始するための製品としてxCurrentを作りました。法定通貨の送金から始めて、その後、xRapidを介してデジタル資産(XRPのこと)を使う機能を紹介します。 xCurrentの上にxRapidを重ねます

この発言にあるように、xCurrentの先にxRapidを活用したサービスの展開が想定されています。

また、サンタンデール銀行の会長はリップルのブロックチェーンの活用に積極的な姿勢を示しています。

 

このように、サンタンデール銀行はリップルの技術の活用に前向きです。最後に、サンタンデール銀行は非常に重要なので、概要について理解しておきましょう。

 

サンタンデール銀行とはどんな銀行なのか?

①リップルネット委員会のメンバー

サンタンデール銀行は、リップルネット委員会のメンバー。メンバーの銀行は、リップルネットの共通ルール策定に関与することができます。日本で参加している銀行は、三菱UFJ銀行とSBIで、世界で合計9つの金融機関だけです。

リップルネット委員会(RippleNet)に、アメリカン・エキスプレス(アメックス)が参加

②スペイン語圏最大の銀行

簡単な概要は、以下の通り。江戸時代から営業を開始している老舗銀行です。

 

  • 特徴
  • ① 1857年設立
  • ② 総資産:約190兆円
  • ③ 支店数:13,697
  • ④ 従業員:202,251人

スペイン語圏は、ご存知のようにスペインだけでなく、メキシコ、アルゼンチン、チリ、ペルーと中米・南米でも話されています。

世界には、4億人以上の話者がいて、中国語と英語に次いで、世界で3番目に話されている言語。スペイン語圏最大のサンタンデール銀行と提携してのアプリの対象国が拡大されることは、世界規模でみると非常に重要。

【関連記事】
三菱UFJ銀行、リップルの活用で『時間短縮とコスト削減につながり重要』と語る

 

③世界6位のブランド力

サンタンデール銀行はブランド力にも優れており、イギリスのブランド・ファイナンス社による世界の銀行のブランドランキングで6位にランクイン

殘念ながら、日本の銀行は世界的にはあまり展開していないので、トップ10から漏れています。(トップ50まで範囲を拡げると、日本はメガバンクの3社だけ)

【関連記事】
【10億人を超える】、コインベースCEO仮想通貨の将来像について語る

 

リップル社には、SBIやGoogleも出資しており、三菱UFJ銀行やアメックスもパートナー。そんなリップルの仮想通貨XRPを購入するなら、ビットポイントがオススメです。無料で登録ができます。

お得なキャンペーン中

今なら、期間限定ビットポイント無料口座を開設すると3千円分のビットコインをもらえます。

ビットポイントは上場企業リミックスポイント(資本金40億以上)が運営するセキュリティAクラスの安心のリップル取扱いの取引所

今、DMMビットコインでは、口座開設で1,000円、条件を満たすことで500名にハードウェアウォレット(レッジャーナノS)をプレゼントするキャンペーン中です♪

DMM Bitcoin

Liquidでは口座開設でトレードに使える3,000円のQASH、条件を満たすと合計23,000円相当のキャッシュバック! 異なる仮想通貨に変えて、取引所間を移動できるのが仮想通貨の良いところですよね♪ リップルでの25倍レバレッジ取引を開始。

QUOINEX

いつもこぺる100番台 リップル・仮想通貨投資ブログをご覧いただきありがとうございます。

コメントやSNSでシェアをしていただけると嬉しいです。

ご協力いただき、ありがとうございますm(_ _)m

サンタンデール銀行、『世界初』のリップルネットを用いたモバイル送金アプリOnePay FXの対象国を拡大

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 coperu100

こぺる 仮想通貨・リップル

個人投資家・ブロガー。SBI・金融機関出身で独立。リップル・XRP、仮想通貨、投資についてツイート。ブログ開始2週間で5万PV達成。高校時代にTOEIC900点達成。日英仏語トリリンガル。週刊SPA・Yahoo・コインチョイスなどへ寄稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。