サンタンデール銀行でリップルの国際送金 アプリを提供開始

  • 記事の3つのポイント
  • ①リップル最速、40秒で国際送金完了
  • ②サンタンデール銀行は世界トップ規模、190兆円の資産
  • ③スペイン語圏の人口は4億、凄いインパクト

サンタンデール銀行でリップルの国際送金アプリ提供開始 

スペイン最大の サンタンデール銀行でリップルの国際送金 アプリの採用が発表されましたね。日本でも、SBIリップルアジアによる送金アプリのマネータップのティザーサイトが発表され、盛り上がってきていますね。

【関連記事】
マネータップ(MoneyTap)ティザーサイト公開、ツイッターでの反応は?
マネータップ(MoneyTap)の特徴・メリット・使い方

サンタンデール銀行って何?という方も多いと思いますが、スペイン語圏でNo.1の銀行総資産190兆円世界でもトップ10に入るような規模の銀行。

日本のメガバンクと同じような規模の銀行だと理解してもらえればOKです。

【関連記事】
三菱UFJ銀行、リップルの活用で『時間短縮とコスト削減につながり重要』と語る

今日は、まずは、サンタンデール銀行のアプリをご紹介した上で、次に、スペインNo.1のサンタンデール銀行の及ぼす影響について観ていきます。

アプリを発表したという記事は沢山ありますが、サンタンデール銀行そのものに焦点を当てた記事は少ないので、新しい発見があります。

リップルが取り組もうとしていることの大きさが少しでも伝わればと思います。

リップルのXRPって何?という方は、リップルのXRPについて知っておくべき10の事実の記事をご覧ください。

では、見ていきましょう。

【特徴】 サンタンデール銀行でリップルの国際送金 アプリ

  • アプリ3つの特徴
  • ① 簡単:3クリック
  • ② 速い:40秒
  • ③ 便利:スマホ対応

特徴は3つで、とてもシンプル。

簡単3クリックで、40秒の速さで、国際送金が完了。それが全てスマホのアプリからできる!

すごいですよね。

手のひらの上で国際送金が、サクッと完了するわけですから。送金経路の拡大は、インドやヨーロッパでも拡大しています。

【関連記事】
トランスファー・ゴー、リップルを活用した即時送金TransferGo Nowを開始

 

便利ですよね。

だって、スマホから送金できたら、わざわざ銀行に足を運ぶ必要がない更に言えば、銀行の営業時間だって気にする必要がない。

今の銀行って、普段働いている人からすると、窓口は3時に閉まるし、休み時間にATMに行ったら人が沢山並んでるし、、、で不便ですよね。非効率なんです。

だから、リップルが入って、それを効率的にしましょうということです。

次の資料は、アプリのもう少し詳しい説明です。

【関連記事】
『即時国際送金の力』:日本でのリップル・SBIの動き。拡大するリップルの輪

 

サンタンデール銀行でOnePayFX リップルの国際送金アプリの特徴

サンタンデール銀行、『世界初』のリップルネットを用いたモバイル送金アプリOnePay FXの対象国を拡大

ここでのポイントは、2つだけです。

1.最初は4カ国からはじめること。
2.
市場規模が1.3兆円あること。

1.について、スペイン、ブラジル(南米)、イギリス(英語圏)、ポーランド(東欧)。ヨーロッパ大陸と南米大陸、そして英語圏と東欧をカバーします。十分ですね。

2.市場規模が1.3兆円。これって、アマゾン日本事業の2017年1月~12月の年間売上に匹敵する金額です。そう考えると、大きいですよね。

ブラジルの中央銀行は、18年のSWELLに参加が予定されていますが、今後のブラジルの動きは楽しみですね。

【関連記事】
ブラジル・サウジアラビアの中央銀行出席、リップルのSWELL

スペイン語圏最大の銀行 サンタンデール銀行

サンタンデール銀行って、聞いたことない方が多いんじゃないかと思います。

日本には支店がありません。けど、世界で日本語を公用語として話す国は日本だけしかありません。なので、世界トップクラスの銀行でも、日本に支店を持たないところが、実はたくさんあります。

日本は規制も厳しいので、参入するのが難しかったり、参入してきても撤退してしまったり、ということがあるからです。有名なところでは、HSBCが撤退しました。

つい先日も、Binanceが金融庁から警告を受けて、日本語での説明をHPから消してしまいましたね。

サンタンデール銀行は、日本にないだけで、スペイン語圏最大の銀行銀行としての世界的な格は、みずほや三井住友銀行よりも上に位置づけられる伝統的な銀行です。

【関連記事】
『リップルの戦略的重要性』について語る、スタンダード・チャータード銀行 ケニアCEO

 

  • 特徴
  • ① 1857年設立
  • ② 総資産:約190兆円
  • ③ 支店数:13,697
  • ④ 従業員:202,251人

1857年設立

日本はまだ江戸時代。お侍さんの時代からあります。上には書いていませんが、ニューヨークとロンドンの株式市場にも上場しています。

サンタンデール、4億人を超えるスペイン語ネットワーク

スペイン語圏は、ご存知のようにスペインだけでなく、メキシコ、アルゼンチン、チリ、ペルーと中米・南米でも話される言語。

世界には、4億人以上の話者がいます。中国語と英語に次いで、世界で3番目に話されている言語です。(数え方にもよります。)

日本では、リップルが日本の◯◯や韓国の◯◯と提携と話題になりますが、スペイン語圏最大の銀行と提携してのアプリ発表は、世界的な規模で見ると、インパクトが大きいです。
【関連記事】
三菱UFJ銀行、リップルの活用で『時間短縮とコスト削減につながり重要』と語る

 

サンタンデール世界6位, メガバン以上のブランド力

ただ大きいだけではなく、サンタンデール銀行はブランド力にも優れていますイギリスのブランド・ファイナンス社による世界の銀行のブランドランキングで6位にランクインしています。

このランキングは、世界で20カ国以上の拠点をもつブランド評価・戦略コンサルティングにおけるグローバルリーディングカンパニーであるブランドファイナンスが独自に全世界の幅広いカテゴリーの企業を対象に企業ブランド力を数値化し、ランキングにしたものです。

殘念ながら、日本の銀行は世界的にはあまり展開していないので、ランクから漏れています。その中で、TOP10入りしているのは凄いことです。(トップ50の中で日本はメガバンクの3社だけ)

【関連記事】
【10億人を超える】、コインベースCEO仮想通貨の将来像について語る

 

サンタンデール異なる調査でも、10位にランクイン

異なる調査も観てみます。

ここでも、サンタンデール銀行は10位にランクインされています。ブランドの格付けはAA+。

【関連記事】
リップル社、『100社以上』と製品契約を締結していることを明らかにする

拡大を続けるリップルネットワーク

今回のサンタンデール銀行とリップルによるアプリは、2018年中に開始される見込みです。当初は、1Q開始予定だったので、早ければ夏頃にも開始されるのかもしれません。

英語圏のイギリス・スペイン語圏・ポルトガル語圏のブラジル・東欧のポーランドと拡がりを持ちます。ここでの成功は、次なる市場への足掛かりとなるでしょう。

このように提携先を徐々に増やしていくことで、パートナーが拡がり、実需が拡大されていきます。今後の動きにも着目です。

【関連記事】
SBIレミット、『海外送金額5,000億円突破』、リップルのxCurrentの活用

いつもこぺる100番台 リップル・仮想通貨投資ブログをご覧いただきありがとうございます。

コメントやSNSでシェアをしていただけると嬉しいです。

ご協力いただき、ありがとうございますm(_ _)m

サンタンデール銀行でリップルの国際送金アプリ提供開始 の次に読むのがオススメの記事

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 coperu100

こぺる 仮想通貨・リップル

個人投資家・ブロガー。SBI・金融機関出身で独立。リップル・XRP、仮想通貨、投資についてツイート。ブログ開始2週間で5万PV達成。高校時代にTOEIC900点達成。日英仏語トリリンガル。週刊SPA・Yahoo・コインチョイスなどへ寄稿

6 thoughts on “サンタンデール銀行でリップルの国際送金 アプリを提供開始

  • 2018年5月13日 at 9:41 PM
    Permalink

    こぺる様

    いつもありがとうございます。
    教えていただいた本にリップルは全世界数百社の金融機関で送金システムを活用した実証実験が行われていると書いてありました。そして先日xRapia送金テストの成功のニュース❗️凄いリップル❗️
    アメリカ メキシコのメガバンクも早くアプリ提携して欲しいです。
    アプリでお手軽国際送金ができるなんて、素晴らしい時代です(*´・ω・`)b
    こぺるさんのTwitterに書いてありましたが短時間に送金できるから価格変動リスクもほぼなくてリップル最高です。

    Reply
    • 2018年5月13日 at 10:57 PM
      Permalink

      ねね5さん

      そう、多くの金融機関と送金システムのネットワークを結ぼうとしています。
      現在は、SWIFTというシステムが世界の主流で、それを用いて国際送金が実施されていますが、
      時間がかかるのが難点です。それをリップル(XRP)で解決しようとしています。

      アプリでお手軽に送金できるなんて、便利ですよね。また、遊びにいらしてください。

      こぺる

      Reply
  • 2018年5月13日 at 9:52 PM
    Permalink

    Twitterでもフォローさせていただいています。
    毎度、本当に分かりやすい解説で、勉強させてもらってます。(英語に関しても)
    ありがとうございます。

    Reply
    • 2018年5月13日 at 10:54 PM
      Permalink

      ごうぎゃんさん、コメントありがとうございますm(_ _)m
      わかりやすい解説とのこと、英語とともに見て下さっているとのこと。
      また、遊びにきていただければと思います。Twitterでも、コメントなどくれるとわかりやすいです。
      こぺる

      Reply
  • 2018年5月23日 at 10:07 AM
    Permalink

    こぺる様

    私は、今年の3月から仮想通貨を始めました。素人の私にとって、こぺる様の解説は本当にわかりやすく、とても勉強になりました。Twitterの方でもフォローさせて頂きました。これからもこぺる様の解説で勉強させて頂きます。ありがとうございました。

    Reply
    • 2018年5月24日 at 5:53 PM
      Permalink

      ZAKIさん、わかりやすいとのことありがとうございます。
      リップル、XRP、SBIバーチャルカレンシーズ、仮想通貨について、これからも情報を発信続けていきますので、
      Twitter、ブログ、共によろしくお願いします! また遊びにいらしてくださいね♪

      こぺる

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。