SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)、12月から仮想通貨の入手金受付開始 !!

  • SBIVCが12月から仮想通貨での入出金を開始
  • 12月からイーサリアムの取扱も開始
  • リップルとr3の和解を促す

お得なキャンペーン中

今なら、期間限定ビットポイント無料口座を開設すると3千円分のビットコインをもらえます。

ビットポイントは上場企業リミックスポイント(資本金40億以上)が運営するセキュリティAクラスの安心のリップル取扱いの取引所

SBIVCが12月から仮想通貨での入出金を開始

SBIホールディングスの北尾氏は、本日開催されたカンファレンスFINSUM2018で講演し、SBIバーチャル・カレンシーズの今後の展望について語った。

仮想通貨の入出金開始は12月~

北尾氏によると、仮想通貨での入出金の開始は12月~となる。

こぺるの助言ですが、仮想通貨の会計年度は1月~12月です。年度末に利益が出て、翌年に損失を出すと損益の換算はできないので、年度末での資金の移動と利確については、税金の計算を念頭にいれて行動しましょう。

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)がリップルの将来価格に及ぼす影響

イーサリアムの取扱開始は12月~

仮想通貨の入出金の受付開始とあわせてイーサリアムの取扱を12月から開始することが発表されました。

イーサリアムも仮想通貨の上位に位置しており、重要な地位を占めるだけに仮想通貨全体にとって良いニュースです。

三菱UFJ銀行、リップルの活用で『時間短縮とコスト削減につながり重要』 と語る

r3とリップルの和解を促していた。

同会議の中で、北尾氏はSBIが両社の間を取り持ち和解を促していたことを明らかにしました。

タイ中央銀行、R3社の技術を活用したデジタル通貨(CBDC)の開発プランの記事の中で、こぺるはSBIが両社の間を取り持っていることについて言及しています。

実際に、その後、リップル社とR3社の【係争中の事案について和解】にあるように、両社は和解しています。

この後の流れとしては、タイでの協業などに期待がもてます。タイでは、XRPは証券ではないとの判断が下されております。SWELLには、タイの証券取引委員会の重役も出席し、アブダビグローバルマーケットと共のセッションに参加することが予定されています。

ADGMは、今年の5月に仮想通貨の法的枠組みを制定し、XRPは証券ではないと述べるなど、仮想通貨及びXRPに好意的な姿勢を見せています。

XRPは証券ではない、中東 ADGM(アブダビグローバルマーケット)
ブラジル・サウジアラビアの中央銀行出席、リップルのSWELL

お得なキャンペーン中

今なら、期間限定ビットポイント無料口座を開設すると3千円分のビットコインをもらえます。

ビットポイントは上場企業リミックスポイント(資本金40億以上)が運営するセキュリティAクラスの安心のリップル取扱いの取引所

今、DMMビットコインでは、口座開設で1,000円、条件を満たすことで500名にハードウェアウォレット(レッジャーナノS)をプレゼントするキャンペーン中です♪

DMM Bitcoin

Liquidでは口座開設でトレードに使える3,000円のQASH、条件を満たすと合計23,000円相当のキャッシュバック! 異なる仮想通貨に変えて、取引所間を移動できるのが仮想通貨の良いところですよね♪ リップルでの25倍レバレッジ取引を開始。

QUOINEX

いつもこぺる100番台 リップル・仮想通貨投資ブログをご覧いただきありがとうございます。

コメントやSNSでシェアをしていただけると嬉しいです。

ご協力いただき、ありがとうございますm(_ _)m

【おすすめ記事】与沢翼氏が見通すリップル(XRP)の将来 リップルだけで20

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)、12月から仮想通貨の入手金受付開始

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 coperu100

こぺる 仮想通貨・リップル

個人投資家・ブロガー。SBI・金融機関出身で独立。リップル・XRP、仮想通貨、投資についてツイート。ブログ開始2週間で5万PV達成。高校時代にTOEIC900点達成。日英仏語トリリンガル。週刊SPA・Yahoo・コインチョイスなどへ寄稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。