SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)がリップルの将来価格に及ぼす影響

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)がリップルの将来価格に及ぼす影響

こんにちは、こぺる(@coperu100)です。 SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)の開業でリップルの将来 にどのような影響があるのか。

VC Tradeは、18年6月に開設され、先行予約の方々だけを対象に取引が開始されました。7月~は一般の方々向けにもVC TRADEの口座開設が開始されました。

では、具体的にどれほどのインパクトがあるのかを、SBIHDの2018年3月期の決算資料などをもとに簡単に見ていこうと思います。

は、SBIに在籍していたので、外から見ている人よりもわかる部分があります。

ポイントは、2つに絞りました。

【関連記事】
『即時国際送金の力』:日本でのリップル・SBIの動き。拡大するリップルの輪

  • VCTRADE開設でのリップルへの影響
  • ①SBIグループからの資金流入(1兆円~?)
  • ②投資家層の裾野拡大

では、見ていきたいと思います。

おすすめのリップル取引所

今なら、期間限定ビットポイント無料口座を開設すると3千円分のビットコインをもらえます。

ビットポイントは、上場企業が運営するセキュリティAクラスで安心のリップル取扱いの取引所

まだお持ちでない方は、是非、この機会をご活用ください。

【関連記事】
・ビットポイントとビットバンク 手数料・セキュリティ 徹底比較↗

ビットポイントの評判・メリット・デメリット↗

SBIグループの総資産17兆円超、顧客基盤は800万を超える

  • SBIバーチャルカレンシーズと親和性の高いSBI顧客基盤
  • ・SBI証券:12.9兆円, 口座数:426万人
  • 住信SBIネット銀行:4.4兆円、口座数:321万人
  • ・SBI FX:2千億円、口座数:105万人

これらの数字は、全て2018年3月期のSBIHDの決算報告会の資料です。

合計で17.5兆円の預り資産に、852万口座

3社それぞれの内訳を決算資料から抜粋して、一つずつ見ていきましょう。

あわせて読みたい>>>>与沢翼が見通すリップルの将来性、20億円の秘訣

 

SBI証券だけで12.9兆円の預り資産・400万超の口座

SBI、1社で他社を凌駕する顧客基盤

① 資料によると、SBI証券の預り総資産は、合計12.9兆円です。

2位の楽天証券から5位のカブドットコム証券までの4社の合計は14兆円ですので、SBI証券1社だけで、5社合計の48%を占める計算です。

② 口座数は426万を越えています。他の4社合計で635.6万口座なので、SBI証券は5社合計の40%を占めます。

つまり、SBI証券の顧客層は、他の証券会社よりも保有資産が多いことがわかります。

圧倒的ですね。では、ネット銀行部門はどうか。

【関連記事】
SBIレミット、『海外送金額5,000億円突破』、リップルのxCurrentの活用

住信SBIネット銀行の預り資産 4.4兆円、321万口座

住信SBIネット銀行は、4.4兆円の預り資産に、321万口座

預かり資産と口座数の双方でオンライン銀行業界のNo.1の地位を占めています。

こちらも、圧倒的ですね。最後に、FXはどうか。

105万口座を誇るSBI FX

資産規模2.16千億円と証券や銀行と比較すると小さいですが、口座数では100万口座を越す規模を誇り、業界No.1です。

要は、ネット証券・銀行・FXでSBIは業界最王手ということです。

そこが、満を持して、仮想通貨取引所を開設するのが、SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)のVCTRADE です。

じゃあ、どれだけの資金流入が見込めるのか。

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)のVC TRADEの開業でリップル にどれだけの資金が流入するか

VC TRADE(SVIVC)に、グループから1兆円流入

これまで見てきたように、合計で17.5兆円の預り資産に、852万口座

5~6%が流入するとして仮定しても、SBIグループからだけで約1兆円の流入が見込めるのではないか、と想定しています。

以下の図は、平成27年に実施された証券投資に関する全国調査 からの抜粋です。2018年5月時点で、最新版です。

株式・投資信託・公社債をあわせて、延べ2,600万人、20歳以上人口の25%が何らかの形で投資に携わっている計算です。

アーリーアダプターのステージ。キャズムを超えるのはこれから。

 

株式投資関連は、アーリーマジョリティまで浸透しているものの、仮想通貨は、まだイノベーター ~ アーリーアダプターの段階。

SBIから5%ほどの流入が見込めたとしても不思議ではありません。

SBIVCへの新規参入も見込める 1兆円~?

SBIとマネックス(コインチェックの親会社)を除くネット証券大手3社で10兆円の預かり資産があります。

また、野村證券・大和証券・SMBC日興・みずほ証券・三菱UFJ証券など大手5社の証券会社預かり資産は、昨年12月末の時点で325兆円#日本経済新聞より参照

資産額でいうと、既存大手証券会社が圧倒的ですが、SBIなどの金融機関が入り込むことで、シェアの1%ほどは取れるだろうと思います。

SBIはネット金融最王手で金融業界では知名度があり、安心感・信頼感が、他の仮想通貨業と異なるからです。

控えめにみて、0.5%でも資金が流入がしてくれば、1~2兆円の資金が流れてくる計算です。

つまり、合計で2~3兆円ほどの資金流入があるのではないか、と考えています。

では、資金はどの仮想通貨に、どれだけ流れるのか。

【おすすめ記事】
リップルの将来性、Wirex(ワイレックス)社とSBI の共同事業の大きな可能性

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)の開業 資金の半分がリップルも!?

SBIVCに流入する資金の半分以上が、リップルに流れる見込みは十分にあります。

SBIバーチャル・カレンシーズでの取扱通貨は、ビットコイン(BTC)リップル(XRP)イーサリアム(ETH)ビットコインキャッシュ(BCH)の4種類だけと見込まれているためです。(SBIコインは除く)

単純に考えても、1/4はリップルに流れるだろうと思います

ただSBIはリップル社への出資者(10%以上を出資しており、SBI Ripple Asiaも設立している。)ことを考慮にいれると、顧客の半数以上がリップル(XRP)に流れたとしても、不思議ではありません。

SBIのマーケティング上、出資者としてリップル(XRP)を推すのが妥当な戦略だからです。(そもそも、XRP基軸という可能性もありますので。。。)

【関連記事】
仮想通貨、金融商品取引法の導入でSBIVC・コインチェックに有利に

 

おすすめのリップル取引所

今なら、期間限定ビットポイント無料口座を開設すると3千円分のビットコインをもらえます。

ビットポイントは、上場企業が運営するセキュリティAクラスで安心のリップル取扱いの取引所

【関連記事】
・ビットポイントとビットバンク 手数料・セキュリティ 徹底比較↗

ビットポイントの評判・メリット・デメリット↗

お得なキャンペーン実施中

今、DMMビットコインでは、口座開設で1,000円、条件を満たすことで500名にハードウェアウォレット(レッジャーナノS)をプレゼントするキャンペーン中です♪

DMM Bitcoin

Liquidでは口座開設でトレードに使える3,000円のQASH、条件を満たすと合計23,000円相当のキャッシュバック! 異なる仮想通貨に変えて、取引所間を移動できるのが仮想通貨の良いところですよね♪ リップルでの25倍レバレッジ取引を開始。

QUOINEX

いつもこぺる100番台 リップル・仮想通貨投資ブログをご覧いただきありがとうございます。

コメントやSNSでシェアをしていただけると嬉しいです。

ご協力いただき、ありがとうございますm(_ _)m

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)の開業でリップルの将来 は?の次にオススメの記事

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 coperu100

こぺる 仮想通貨・リップル

個人投資家・ブロガー。SBI・金融機関出身で独立。リップル・XRP、仮想通貨、投資についてツイート。ブログ開始2週間で5万PV達成。高校時代にTOEIC900点達成。日英仏語トリリンガル。週刊SPA・Yahoo・コインチョイスなどへ寄稿

30 thoughts on “SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)がリップルの将来価格に及ぼす影響

  • 2018年5月10日 at 10:26 PM
    Permalink

    こぺる様

    いつもありがとうございます。
    SBIVC楽しみです。
    北尾社長がC.C事件の時に激怒してたのを思い出しました。
    セキュリティ面も期待できます。

    仮想通貨に興味があっても知識不足 マイナスニュース 税金面から買わない人が多いと思いますが、キャッシュレス化の流れ リップルの将来性には期待できます。(XRP安い時に少しずつ買ってます。)
    SBIVCを通じて仮想通貨(XRP!) 普及率16%超えて欲しいです。

    Reply
    • 2018年5月10日 at 11:12 PM
      Permalink

      ねね5さん

      いつもコメントありがとうございます。
      セキュリティ面については、SBIは証券業や銀行業での経験が活かされると思います。

      仮想通貨に興味を抱いても、記事でご紹介差し上げたように、まだまだマジョリティには届いていないだろうと
      思います。実用化・普及にはまだ時間がかかるとは思いますが、SBIVCは一つの良いキッカケになるだろうと思います。

      こぺる

      Reply
  • 2018年5月15日 at 10:36 PM
    Permalink

    こぺる様

    いつもありがとうございます。
    週刊spa読ませていただきました❗️
    面白かったです(*´ー`*)
    XRP 増し増しです。

    同誌の取引所関係者座談会の記事も興味深かったです。
    ビットバンク 偉い❗️
    SBIVC 期待❗️

    Reply
    • 2018年5月16日 at 12:53 AM
      Permalink

      週刊SPAでのこぺるのインタビューを読んで頂いたとのこと、ありがとうございますm(_ _)m
      最終的な紙面については、自分でも確認したわけではないので、興味深いです。

      SBIバーチャルカレンシーズには、期待ですね!次点で、ビットバンクも!
      是非、またブログに遊びにきて、コメントをしにいらしてください!(Twitterのメンションはすぐ埋もれるので、
      探すのが大変なんです。。。)

      こぺる

      Reply
  • 2018年5月16日 at 8:48 AM
    Permalink

    こぺるさん、こんにちは!

    Xpring、これでリップルは
    1:決済(送金)
    2:融資
    を獲得した感じでここから

    3:貯蓄という分野(1~3、要は銀行のお仕事)にも手を伸ばすのでは⁉️と思ってしまいました(^q^)

    もしやアマゾンなどのeコマース分野と提携、もしくは独立で3の分野にも進出するとなると
    わくわくが止まりません笑

    Reply
    • 2018年5月16日 at 2:24 PM
      Permalink

      R&Bリスペクトさん

      いつも、コメントありがとうございます。

      Xpringは、面白い事業ですね。ワクワクが止まりませんね!

      貯蓄については、こぺるの考えを言うと、現時点では手を出さないのかなと思っています。
      リップルにとって、銀行はお客様ですので、銀行とは手を携えて協力するのが良いのかな、と。

      あくまでも、送金・決済に焦点を絞る。じゃないと、銀行の立場からすると、リップルを応援したくなくなってしまうのかな、と。

      ただ、将来的にはどうなるかはわかりません。

      また、是非、遊びにいらしてくださいね。

      こぺる

      Reply
  • 2018年5月16日 at 7:11 PM
    Permalink

    こぺるさん、返信有難う御座います!(^-^)

    確かに銀行業務を乗っ取るのは敵を増やしてしまうのでそれはないですよね汗勉強になります!

    あと可能であればブログでこぺるさん目線での今後クリプト界隈がどれだけ成長するか予想などして頂けると幸いです!

    自分もそれなりの金額をリップルを始め仮想通貨に投資していますが株式や金などの市場と比較しどこまで行くのか参考にさせて頂きたいです!(^-^)

    Reply
    • 2018年5月17日 at 12:39 AM
      Permalink

      R&Bリスペクトさん

      そう、銀行業務への侵食になってしまうので、うまく折り合いを付けながら進める
      必要があります。

      https://amzn.to/2Goubdp

      クリプト界隈というわけではないですが、上述の週刊SPAさんで簡単に意見を述べているので、
      ご覧になっていただければと思います。

      こぺる

      Reply
  • 2018年6月18日 at 11:33 PM
    Permalink

    遅ればせながらこの記事を読ませていただき非常にリップルに興味がわきました

    SBIがもう7月から始まるんですよね??この記事の後に決まったのかな?
    流入見込みなどの説明非常にわかりやすかったのですが時期的なものはどう見ておられますか?

    現在仮想通貨暴落で低迷し続ける噂が多いようで怖い印象です

    ただ、SBIのトップの方はリップルが今年10ドルになるとか言ってたようですし今から20倍くらい?でしょうか

    こぺる様の流入見込みが近いうちに(年内に)反映されるなら実現も夢じゃないかもしれませんが、時期的な見立てを聞かせていただけたらかってみたいです

    Reply
    • 2018年6月19日 at 12:59 AM
      Permalink

      後発組さん

      コメントありがとうございます。
      コメントは、承認制です。理由はスパム排除のためです。

      VC Tradeの開設については、このSBIVCの記事のあとに決定されています。内容については、VCTradeの開設を踏まえて
      少し変更予定です。

      SBIVCによるVCTRADEだけが価格要因ではありません。
      投資については、各自、ご自身のご判断でお願いいたします。

      こぺる

      Reply
      • 2018年6月19日 at 1:03 AM
        Permalink

        金融業にいたので、投資助言は安易にはできません。
        このサイト、Twitterなどから情報を収集し、その上でリップルやXRPに投資するか
        否かをご判断いただければと思います。

        こぺる

        Reply
  • 2018年6月18日 at 11:40 PM
    Permalink

    あれコメントもう出来ないのかな、、、反映されないみたいでショック

    Reply
  • 2018年6月19日 at 12:57 AM
    Permalink

    更新したらコメント反映されてましたごめんなさい!

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。