『リップルの戦略的重要性』について語る、スタンダード・チャータード銀行 ケニアCEO、

  • スタンダート・チャータード銀行 ケニアCEO、リップルについて語る
  • サプライチェーン・トレードファイナンスなどの領域で重要
  • リップルへの投資から洞察を獲得

お得なキャンペーン中

今なら、期間限定ビットポイント無料口座を開設すると3千円分のビットコインをもらえます。

ビットポイントは上場企業リミックスポイント(資本金40億以上)が運営するセキュリティAクラスの安心のリップル取扱いの取引所

スタンダードチャータード銀行、ケニアCEO、リップルの重要性について語る

英国のスタンダード・チャータード銀行のケニアCEOが、リップルへの投資の戦略的意義についてインタビューの中で語りました。

動画抜粋を添付しますが、観たい人だけみて、内容はブログで触れていきます。(動画の複数箇所で言及。)

【おすすめ記事】与沢翼氏が見通すリップル(XRP)の将来 リップルだけで20億を稼ぐ

まず、簡単に英国のスタンダード・チャータード銀行についておさらいしましょう。

スタンダード・チャータード銀行は、世界トップ50の銀行

スタンダード・チャータード銀行は、銀行ランキング世界トップ50に入る世界で有数の規模を誇る英国を本拠地とする銀行です。また、リップルのグローバル銀行のコンソーシアムに、三菱UFJ銀行と共に加盟しています。

【関連記事】
三菱UFJ銀行が参画する『リップルの銀行コンソーシアムGPSG』とは ?

つまり、非常に重要な銀行である、ということです。実際に、リップルを活用した送金実験も実施しています。

リップルはDLT、ブロックチェーン企業

スタンダード・チャータード銀行のケニアCEOは、インタビュアーに、『リップルに投資をしているが、その文脈について語って欲しいと質問をされ、それに応えて、リップルはDLT(分散台帳技術)、ブロックチェーンを目指している企業であると述べました。

ここでの重要なポイントは、スタンダード・チャータード銀行は、リップルをブロックチェーン企業としてみなしている点にあります。

リップルの技術がブロックチェーンではない』とする意見が、暗号通貨の界隈で持ち出されることがありますが、重要な点は、外部からどのように認識されているか?です。

エンジニア以外は、技術の細部や定義に興味がありません

重要な点は、その技術を用いて何ができて、何ができないのか。技術を導入した結果、どのような利便性が社会にもたらされ、人々の生活をどう変えうるのか

では、どのような領域でスタンダード・チャータード銀行はリップルとブロックチェーン技術に期待をしているのでしょうか?

【おすすめ記事】
トランスファー・ゴー、リップルを活用した即時送金TransferGo Nowを開始

リップル、サプライチェーン・貿易金融などの領域に期待

スタンダード・チャータード銀行のケニアCEOは、サプライチェーンや貿易金融などの領域でブロックチェーン技術に期待しており、潜在的な利便性があると語っています。

国際的なサプライチェーンや貿易金融の領域では、国際送金・決済が必須です。

例えば、日本からアメリカに車を輸出したら、日本⇔アメリカの間での貿易の支払いのために国際送金が必要になりますね?

また、日本➾アメリカに輸出する際には、船(主にRoRo船)でアメリカに輸出、港で荷揚げ➾通関➾アメリカ国内での輸送、etcとサプライチェーンがあり、様々な業者が間に入ります。

これらの企業との支払いのやり取りのためにも、国際送金が行われます。現在では、SWIFTが活用されています。

この分野をリップルで効率化しようという意図で、サプライチェーン・貿易金融の領域について、言及されていると理解できます。

【おすすめ記事】
SBIレミット、『海外送金額5,000億円突破』、リップルのxCurrentの活用

リップルへの投資を通じて、多くの洞察を獲得

スタンダード・チャータード銀行のケニアCEOは、リップルへの投資を通じて、台頭する新技術について多くの洞察を獲得していると述べます。

ケニアはモバイルペイメントの領域(M-PESA:Mはモバイル、PESAはスワヒリ語でお金)での先進国です。

今後も、ブロックチェーン技術を銀行に活用し新たなサービスを展開を模索しており、そのために、リップルが選ばれています。

事実、スタンダード・チャータード銀行はリップルネットの対象国を拡大しています。

三菱UFJ銀行もリップルの活用が重要であると語っていますが、リップルの動きには、今後も注目が集まります。

【関連記事】
三菱UFJ銀行、リップルの活用で『時間短縮とコスト削減につながり重要』と語る

お得なキャンペーン中

今なら、期間限定ビットポイント無料口座を開設すると3千円分のビットコインをもらえます。

ビットポイントは上場企業リミックスポイント(資本金40億以上)が運営するセキュリティAクラスの安心のリップル取扱いの取引所

今、DMMビットコインでは、口座開設で1,000円、条件を満たすことで500名にハードウェアウォレット(レッジャーナノS)をプレゼントするキャンペーン中です♪

DMM Bitcoin

Liquidでは口座開設でトレードに使える3,000円のQASH、条件を満たすと合計23,000円相当のキャッシュバック! 異なる仮想通貨に変えて、取引所間を移動できるのが仮想通貨の良いところですよね♪ リップルでの25倍レバレッジ取引を開始。

QUOINEX

いつもこぺる100番台 リップル・仮想通貨投資ブログをご覧いただきありがとうございます。

コメントやSNSでシェアをしていただけると嬉しいです。

ご協力いただき、ありがとうございますm(_ _)m

『リップルの戦略的重要性』について語る、スタンダード・チャータード銀行の次にオススメ記事

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 coperu100

こぺる 仮想通貨・リップル

個人投資家・ブロガー。SBI・金融機関出身で独立。リップル・XRP、仮想通貨、投資についてツイート。ブログ開始2週間で5万PV達成。高校時代にTOEIC900点達成。日英仏語トリリンガル。週刊SPA・Yahoo・コインチョイスなどへ寄稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。