リップル(XRP)【 投資・購入理由】なぜ、ビットコインじゃないのか?

  • リップル(XRP)に投資をする人たちが理由を語った
  • リップル社のビジョンや実現可能性に惹かれたから
  • 大きなリターンを得られそうだから

なぜ、リップル(XRP)に投資・購入するのか? 

ツイッターでミヤッパさん(@miyapparappa )が、リップル(XRP)に投資する理由を1リプ以内で語って下さいという企画を実施しました。

8月31日にツイートが投稿され、9月5日の時点で総計180件ものリプライがついています。今日は、リップル(XRP)に投資をする方々が、なぜ、リップル(XRP)に投資をしているのかについて、その声を拾っていきます。

他の方々の理由を知ることで、新たな気付きや自分と似た理由で投資をしている方々が見つかると思います。

なぜ、リップル(XRP)の投資・購入するのか?

リップルの実現可能性で投資・購入

多くの方が、リップル社のプロジェクトが実現可能で、実際に銀行や社会で使われる可能性があると考えて投資・購入を決定していることがわかります。

イングランド中央銀行もそうですが、日本国内では内外為替一元化コンソーシアムに三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行のメガバンクを始めとした銀行が参画し、実際に、送金アプリMoney Tapの商用化に向けて動きはじめています。

三菱UFJ銀行もリップルの重要性について語っています。

【関連記事】
三菱UFJ銀行、リップルの活用で『時間短縮とコスト削減につながり重要』と語る

実需についての意見も根強いですね。実際に、Wirex社のサービスなどを用いれば、XRP➾法定通貨にかえて現実世界で使えるようにもなっています。

【関連記事】
リップルの将来性、Wirex(ワイレックス)社とSBI の共同事業の大きな可能性

多くの方々が、リップル(XRP)の使用目的が明確であることに安心感を抱いていることがわかります。

リップルとXRPの基本のおさらいについては、以下の記事をご覧ください。

【関連記事】
・【初心者向け】リップル、XRP について知っておくべき10の事実

リップルの性能・ビジョンなどを元に投資・購入

実際に、リップル社はAMEX(アメリカン・エキスプレス)に採用される可能性もあります。他の仮想通貨で、現実社会でみなさんが知っている企業と提携をしているコインがどれだけあるのか?

正直、あまりないのではないでしょうか。

【関連記事】
・【初心者向け】AMEX(アメックス)、リップル社のxRapidを使用に合意

リップルのxRapidは最近では、アメリカ、メキシコ、フィリピンの3カ国の仮想通貨取引所で採用が決定しています。XRP基軸取引所も増えてきており、着実に地盤固めをしています。

【関連記事】
リップルのxRapidがBittrex、Bitso、Coins.phの仮想通貨取引所で採用

また、アフリカのナイジェリアでもxRapidの採用の動きがあります。

【関連記事】
ナイジェリアの4.7兆円の市場へ、XRP基軸取引所Quidax、xRapid採用か ?

リップル(XRP)投資として成功しそうだから購入

仮想通貨は投資・投機の一種ですので、やはりリターンを得ることは大切です。私も投資としてリターンを得るために仮想通貨に資金を投じています。

みなさんの意見をご紹介させていただきました。今は、規制によって業界が落ち込んでいますが、プロジェクトは着実に進んでいます。SBIの北尾社長の今後の展望を以下の記事でまとめていますが、規制の問題の解決は大切です。

【関連記事】
仮想通貨の今後の展望:業界活性化の必要条件

今後の動きにも注目です。

いつもこぺる100番台 リップル・仮想通貨投資ブログをご覧いただきありがとうございます。

コメントやSNSでシェアをしていただけると嬉しいです。

ご協力いただき、ありがとうございますm(_ _)m

【おすすめ】仮想通貨・リップル・XRP記事

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 coperu100

こぺる 仮想通貨・リップル

個人投資家・ブロガー。SBI・金融機関出身で独立。リップル・XRP、仮想通貨、投資についてツイート。ブログ開始2週間で5万PV達成。高校時代にTOEIC900点達成。日英仏語トリリンガル。週刊SPA、FISCO・コインチョイスなどへ寄稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。