英語の鉄則 英語で読めないことは、聴いても理解できない。リスニング力アップのための秘訣。

こんにちは、こぺる(@coperu100)です
英語を使って仕事で活躍したいけどコミュニケーションができない…英語の読み書きはある程度できるんだけど、どうしても英語を聴き取ることができなくて使いものにならない。そんな悩みを抱えていませんか。今日は、そんなみなさまに、 英語の鉄則 をお伝えしたいと思います。

私も今でこそ、英語が得意ですが中学生のころは5段階評価で英語の成績は3。お世辞にも英語の得意な生徒ではありませんでした。

そんな私が、高校でTOEIC900点越えを果たして英語を使い海外を舞台に仕事ができました。今日は、英語のリスニング能力を上達させるためで、皆さんの学習に役立つ学習方法の秘訣についてお話できたらな、と思います。

 

 

  • こんな人に、オススメ
  • ・英語でコミュニケーションを取って、仕事で活躍したい人
    ・英語の読み書きはある程度できるけど、リスニングが苦手な人

読めないことは、聴けない・書けない・話せない。

英語で書かれた文書を読んで理解できないとき、原因は2つあります。
1.単語がわからないから。
2.文法がわからないから。

-> I have a pen. 

簡単ですね。わかりますよね。

-> I have myopia

今度は、どうですか。わかりますか? I have a penと同じ分構造だけど、pen=>myopiaに変わっただけで、とたんに難しくなりましたね。。。

シンプルな構造ですが、単語がわらかないので、読んでも理解できない。リスニングで聴いて理解できますか?絶対に、理解できないんですね。

だから、読めないことは、聴いて理解できないんです。

ちなみに、myopiaは、『近視』という意味の英単語です。知っていたら簡単ですよね。だから、基本は、リーディング、そのもとになる文法・単語から勉強を開始するのが正解です。

ただし、日本の中学校・高校で英語を6年間勉強してきた人たちは、リスニング力を鍛えることが正解です。

どうしてなのでしょうか?

リーディング力に偏った日本人の英語力

読めないことは、聴けないし理解できないって言ってたのに、リスニングから勉強をするのが正解って、言っていることと矛盾するじゃないかと思うかもしれません。けど、矛盾しません。

下の図を見てください。

英語の鉄則-リーディングだけ得意

中学校・高校の6年間で、リーディングとライティングに力をいれた逆三角形のようなかたちで勉強をしてきたと思います。だから、リーディングはある程度できるけど、リスニング・スピーキング能力は追いついてこない

英語を勉強しているのに、いつまで経っても英語が話せて、聴けるようにならなくて、モチベーションも上がらない。

受験で英語を勉強してきた人たちは、リーディング力はそれなりにあるはずなので、英語の耳を良くしてリスニング力を鍛えれば、バランス良く英語力を伸ばすことができます。

リスニングを中心にすえた勉強で英語力をアップさせる

英語の鉄則-読み書きだけでは、英語を聴け・話せるようにならない

英語を聴いて理解して、相手と会話のキャッチボールができないと、英語でコミュニケーションは取れません。

言いたいフレーズを暗記すれば、自分から話しかけることはできます。けど、相手から返答があっても、言われたことを聞き取って理解できなかったら、その後が続かないですよね。

だから、リスニングができないと、英語は使えるようにならないんです。

想像してみてください。ニューヨークに旅行に行きました。ブロードウェイでミュージカルを観るために、街を歩いていたけど、道に迷ってしまいました。歩いている人をつかまえて、劇場に行きたいと勇気を持って伝えたら、相手が、説明を開始してくれました!!

けど、何を言ってるかわからない!!!聴き取れない。。。けど、とりあえず、『Yes, thank you』と伝え、別れた後にガッカリ(´・ω・`) 

コミュニケーションは成立しそうですか?難しいですよね。。。リスニング力の向上が大切なんです。

じゃあ、どうやってリスニングを鍛えれば良いのか、何を教材として選べば良いのでしょうか?

ここでは、受験英語の教材から離れることが大切です。理由は、受験英語は、リーディングの教材の品質は最高ですが、リスニングの比重が小さいため、リスニング力を鍛えるための良質の教材が揃っていないからです。

 

リスニング教材はリーディング教材よりも簡単なものを選ぶのが正解

繰り返しになりますが、読んで理解できないものは、聴いても理解できません。なので、リスニングの教材は、リーディングよりも簡単なものを選びましょう。

背伸びしてはいけません。難しすぎるとわからなくなって、嫌になってしまいます。まずは、簡単なモノから始めることが大切です。

英語をやり直す人・初級者向けの学習教材

本当に基礎の基礎からやり直す本です。英語が伸びない人は、基礎がおろそかなことが多いです。土台がしっかりしていない上に、家は建ちません。
CDも付いているので、発音・リスニング含めて基礎からやり直すには良い教材です。

アルクの通信教育です。私もアルクの英語通信教育のおかげで、リスニング力が向上しました。英語の聴き取りのための手法を3ステップにわけて学習できるようになっており、無理なく、着実なリスニング力アップが期待できます!

簡単な文章を用いてのアウトプットの練習用です。リスニングは瞬発力が必要です。自分の理解速度にあわせて相手が話してくれるわけではないからです。
なので、簡単な英文で瞬発力を鍛えることがリスニング力向上には、必須の能力です。

読めない文書は、聴いてもわからない。だから、リーディングが大切と言いました。英文法の基礎がわからずに聴いても、馬の耳に念仏です。
聴いていればわかるものではありませんので、英文法の基礎はきちんと抑えましょう。
それから、です。

英語の中級者を目指す人向けのリスニング学習教材

初級者向けにいれるか迷った教材です。例えば、LとR』や『ButとBat』の違いが聴き取れなかったら、発音できないですよね?発声と聴解力は、非常に密接しています。この本は、発音を覚えてリスニングに活かそうという趣旨です。オススメの1冊です。

 

NHKのラジオ英会話です。こぺるも学生の頃、毎日聴いていました。1年半~2年は継続していました。英会話とあるものの、15分に1日の講義がまとまっていて、講師がいるので、とてもわかりやすい。講師は、大人気の大西先生です。オススメです。

 

こちらも、NHKのラジオ英会話です。こぺるが学生の頃の講師は、遠山先生でした。英会話とはありますが、これもコンパクトにまとまっているので、英語学習を習慣化して、リスニングを鍛えるのに、役立ちます。

 

英語上級者を目指す人向けのリスニング学習教材

NHKのビジネス英会話です。こぺるが学生の頃は、遠山先生のラジオ英会話、杉田先生のビジネス英語、大西先生のハートで感じる英文法。セットで勉強していました。ビジネス英語といえば、杉田敦と連想されるほど、英語の業界では有名な先生です。とてもわかりやすく、ビジネスに活かせる英語を学ぶことができます。

 

アルクのリスニング教材の鉄板です。こぺるも受講しました。楽天の三木谷社長も受講していたことで有名な教材です。

数十年に渡って受講してきた人たちの間違いや研究が活かされているので、日本人がどこを聴き取れないか、をよくわかっていて、それが教材に活かされています。

 

次にオススメの記事:リスニング力を向上させるための英文法

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 coperu100

こぺる

個人投資家。金融機関出身で独立。#リップル #仮想通貨 #英語 についてツイート。高校時代にTOEIC900点達成。日英仏語トリリンガル。週刊SPA取材記事:https://amzn.to/2rM94NP

4 thoughts on “英語の鉄則 英語で読めないことは、聴いても理解できない。リスニング力アップのための秘訣。

  • 2018年5月16日 at 1:53 PM
    Permalink

    こぺるさん、はじめまして!
    高校卒業後一切英語とは無縁の生活でしたが、こぺるさんの記事を見てもう一度基礎の基礎からやり直してみようと決意いたしました。
    素敵な記事を本当にありがとうございます!

    お聞きしたいことが2つありまして、お時間のある時に教えていただけましたら嬉しく思います。

    ①学習教材は記載されている順にこなしていくのでしょうか?
    (『もう一度中学〜』▶︎『アルクの通信教育』▶︎『どんどん話すための英作文〜』のように)
    ②英単語も覚えていく必要がありますが、英単語帳のおすすめはございますか?

    Reply
    • 2018年5月16日 at 2:16 PM
      Permalink

      ナイタキさん、コメントありがとうございます。

      私の記事を見て、もう一度英語を基礎からやりなおしたいとのこと、嬉しいです♪

      ①学習教材は記載されている順にこなしていくのでしょうか?
      (『もう一度中学〜』▶︎『アルクの通信教育』▶︎『どんどん話すための英作文〜』のように)

      久しぶりであれば『もう一度中学~』からやりなおされるのがオススメです。
      学ぶ順序については、ナイタキさんが、英語を読めるようになりたいのか、話せるようになりたいのか。
      どれくらいのレベルを目指すのか、によりますが、どうでしょうか?

      英単語帳もオススメは色々あるのですが、ナイタキさんは、中学校・高校英語からやりなおしたいですか?
      単語帳はレベルが細かくわかれているためです。

      こぺる

      Reply
  • 2018年5月21日 at 5:03 PM
    Permalink

    お返事が遅れてしまい申し訳ありません。
    お忙しい中本当にありがとうございます!

    英語を話せるようになりたいと思っております。まずは日常会話を問題なく話せるレベルになれたらと…
    英単語も何となく覚えているレベルですので中学英語からやり直したいと考えております。

    Reply
    • 2018年5月23日 at 12:04 PM
      Permalink

      ナイタキさん

      中学校の英単語であれば、以下のようなものが良いかと思います。
      2つご紹介いたします。

      https://amzn.to/2IFQMUC

      https://amzn.to/2x4QmWD
      Z会の速読英単語は、よくできた単語集です。文書の中で覚えることができるので、私は好きです。

      こぺる

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。