是枝裕和 誰も知らない-誰にも知られなかった子供たちの物語 

是枝裕和監督作品。2004年カンヌ国際映画祭にて、主演の柳楽優弥が“日本人初”、“史上最年少”で最優秀主演男優賞を獲得した。

東京で実際に起きた“子供置き去り事件”をもとにして作られた映画。

都内の2DKのアパートで大好きな母親と幸せに暮らす4人の兄妹。父親の違う4人の兄弟姉妹は、出生届けが出されていないために、学校に通うことができない。

また、母親は、長男以外の子供たちの存在を隠蔽するために、アパートの大家に、長男のことだけしか伝えていない

子供たちと、騒がない外出しない、といった約束を交わし、子供たちは、家に閉じこもり外出することすらできないそんな中、母親は、子供たちの世話を長男に任せて、“幸せ”を掴むために、子供を置いて愛人と新しい暮らしを始める。

母親がまた戻ってくることを信じて、言いつけを忠実に守り、長男以外の子供たちは、外出をせずに家に閉じこもる。そして、“誰にも知られることなく”、子供たちによるアパートでの生活が始まる。


印象に残ったあるシーンについて

映画の途中で、長男が他の子供たちを連れて、始めて全員で外に出るシーンがある。そこでの帰り道で、道端に生えている花を見つける。アパートで花を育てるために、種を取り始める子供たち。

そこで、ある子供が、“誰か捨てていったんだな。このまま。”と言い、それに応えて、他の子供が、“あぁ、可哀想だね。”無邪気に言い放つ

 

自分が見捨てられたということに気がつかずに。


長い間、家に閉じこもりきった状況の中で始めて全員で外に出るこの一連のシーンは、全編を通して、もっとも明るく描かれている。そのため、観る者に、子供たちの外に出ることの出来る喜びが伝わり、明るい印象を与える

それだけに、無邪気に放たれた、“あぁ、可哀想だね”という台詞は、そのシーンの明るさと強いコントラストをなし、胸に突き刺さるものがあった。

とても良い作品ですので、レビューを確認してみて、TSUTAYAで借りて観てみてください。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 coperu100

こぺる 仮想通貨・リップル

個人投資家・ブロガー。SBI・金融機関出身で独立。リップル・XRP、仮想通貨、投資についてツイート。ブログ開始2週間で5万PV達成。高校時代にTOEIC900点達成。日英仏語トリリンガル。週刊SPA・Yahoo・コインチョイスなどへ寄稿

4 thoughts on “是枝裕和 誰も知らない-誰にも知られなかった子供たちの物語 

  • 2018年5月20日 at 9:35 AM
    Permalink

    昔、ヨメさんと一緒にこの映画を観たことを覚えています。
    見終えた時、彼女は「なんでこんなひどいことできるの」と泣いていました。
    柳楽くんの自然な演技が光ってましたね。心に刺さる映画です。

    Reply
    • 2018年5月20日 at 10:25 AM
      Permalink

      きくぼーさん、奥さんと一緒に観られたのですね。
      実話ですから、ひどいことですよね。

      柳楽くん含め、子どもたちの演技は自然で心に刺さる映画だと思います。

      Reply
  • 2018年5月20日 at 11:32 AM
    Permalink

    こぺる様

    柳楽君のポスターに惹かれ軽い気持ちで映画館に行って衝撃を受けたのを覚えています。
    ネグレクトや無戸籍児 親と失踪する子どものニュースを見ると この映画をいつも思い出します。

    Reply
    • 2018年5月20日 at 12:09 PM
      Permalink

      ねね5さん、映画館に観に行かれたのですね。

      落差のある映画かもしれません。私も子ども関連のニュースをみると、誰も知らない を思い出します。
      是枝監督の作品は、名作が多いです。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。