君たちはどう生きるか – こぺるの名前の由来

こんにちは、こぺる( @coperu100 )です。

こぺる』という名前の由来について、今日は、お話したいと思います。Twitterで、名前の由来は、なんですか?とよく質問されます

知っている人はピンときたかもしれませんが、『こぺる』という名前は、吉野源三郎さんの『 君たちはどう生きるか の主人公『コペル』に由来しています。

『 君たちはどう生きるか 』は、2017年に注目を浴びた本ですが、こぺるが、高校生の頃から好きな本です。本の中での『コペル』は中学2年生ですが、私が、大人になっても、小さい頃の気持ち感情を忘れないようにしようと思い、またとても好きな本だったので、『こぺる』としました。

実は、昔から使っている名前なので、こぺるを昔から知る人達は、私のことを本名ではなく『こぺる』と呼ぶ人もいます。

大学生の頃は、古本屋で売ってるのを見つけたら全部買って、友達に良い本だから読んでねと言って、配っていました。最近、漫画化や再販で人気が出てきたのを、とても嬉しく思っています。

こぺるが本を一冊だけ勧めることができるとすれば、君たちはどう生きるかを選びます。

本のご紹介をはじめる前に、どうして、こぺるが本を読むのが好きなのかについて、少し話したいと思います。

 

どうして、こぺるは本を読むのが好きなのか

こぺるは、本を読むことが好きです。新しい本から、古い本、漫画・小説・芸術・経済・金融・テクノロジー・ファッション・歴史・政治と幅広いです。

本を読むと、自分とは違う人生を追体験でき、人生をより豊かにできるから好きです。例えば、『スラムダンク』や『HUNTER x HUNTER』を読むと、今を忘れて、湘南高校のバスケ部に入部した気分や冨樫先生の描く異世界にトリップしたような、気分を味わえると思います。

高揚感だったり、驚き感動悲しみと感情が揺れ動きますね。言葉には力があるからです。

人生は短いです。漫画でも、小説でも誰かの感受性や考えに本を通じて触れることで、人生がより豊かになると思います。だから、本を読みます

別に、難しい本じゃなくて、漫画だって良いんです。こぺるは、漫画も山程読みます。

こぺるは、自他ともに認める本好きなので、これから何回かにわたって、こぺるの人生に影響を与えたオススメの本を紹介していこうと思います。

皆さんの人生が、少しでも豊かなものになることを願っていますm(_ _)m

第一回目は、『人生論』、『人間観』に関する本です。難しくきこえますが、そんなことはありません。こぺるは、人生をより豊かにしたいと願っています。それは、『お金持ちになりたい』ということでは、必ずしも、ありません。

 ・仲の良い人とゆったりと時間を過ごす
 ・好きなスポーツをしたり、観戦して遊ぶ
 ・晴れた日に散歩をして自然を愛でる
 ・休日に友達と旅行にでかけて足を伸ばす
 ・料理をつくって家族と一緒に美味しいごはんを食べる。

そんなふとした日常の中に、人生を豊かにする鍵があります。たぶん、些細なことで、意識しないと見落としてしまうくらい。自分が大切にしている目に見えない何かに、本を読んで向き合うことで、気付くキッカケになるんじゃないかと思います。

みなさんの人生も、本を通じてより豊かになることを願って、紹介をしていきます。

紹介したい本は、100冊以上ありますが、今日は、君たちはどう生きるか をお伝えして、その後、以下の本についても紹介をしていこうと思います。

金融・経済系の本についても、紹介をしていく予定ですので、楽しみにしていてください!

 

 君たちはどう生きるか - こぺるが何度も読み返した名作。

『君たちはどう生きるか』 著者:吉野源三郎

こぺるの人生観に大きな影響を与えた1冊です。出版年は1937年。小説とは別に、キンドルの漫画版もあります。古い本ですが、当時の中学生向けに書かれた本なので、文体は平易で読みやすいです。全ての人に、オススメしたい一冊です。

コペル君は中学2年生。多感な中学生。

学校にはお金持ちもいれば、貧しい人もいる。いじめっ子もいれば、いじめられる子もいる。勉強のできる子もいれば、そうでない子もいる。周りを仕切るのが得意な子もいれば、人の影に隠れる子もいる。

そう、学校は、社会の小さな縮図。理不尽なこともあれば、良いこともある。学校で起こった経験・感じたことをコペル君が叔父さんに相談し、対話をするような形で物語は進む。

そこで繰り広げられる少年コペル君の悩み・葛藤は、大人になり社会人になった今も、日々、直面するものです。

お金があるからと言って、貧しい人を見下したり、暴言をはいたりする人。街中で困っている老人がいるのを見かけたけど、忙しさや自分に言い訳をして見過ごすこと。

こぺるは、大人になった今も、人生に迷いができたとき、初心に戻りたい時、この本に立ち返って、自分がどのような人生を歩みたいかを考え直しています。

個人事業主だからこそ、1人の人間として、どうあるべきかが問われるからです。

 ”人間の本当の人間らしさを僕たちに知らせてくれるものは、同じ苦痛の中でも、人間だけが感じる人間らしい苦痛なんだ。

では、人間だけが感じる人間らしい苦痛とは、どんなものだろうか。

からだが傷ついているのでもなく、からだが餓えているのでもなく、しかも傷つき餓え渇くということが人間にはある。

 

これは途中の引用です。人間だけが感じる人間らしい苦痛とは何なんでしょう。是非、君たちはどう生きるかを手にとって読んでみてください。きっと、人生の糧になる気付きがあると思います。

皆さんの人生が、より彩り豊かなものとなることを願っています。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 coperu100

こぺる 仮想通貨・リップル

個人投資家・ブロガー。SBI・金融機関出身で独立。リップル・XRP、仮想通貨、投資についてツイート。ブログ開始2週間で5万PV達成。高校時代にTOEIC900点達成。日英仏語トリリンガル。週刊SPA・Yahoo・コインチョイスなどへ寄稿

8 thoughts on “君たちはどう生きるか – こぺるの名前の由来

  • 2018年5月6日 at 6:59 PM
    Permalink

    こぺるさんの名前の由来が分かってスッキリしました。そして今更ですが、こぺるさんブログ書いていらっしゃったのですね!色々記事拝見させて頂きましたがとても勉強になりました。これからもちょくちょく遊びにきます〜♪

    Reply
    • 2018年5月6日 at 8:29 PM
      Permalink

      あおささん、コメントありがとうございます。実は、たまに書いていました。とは言え、まだかなりボロボロで、
      リンクとかカテゴリとかもうまく設定ができていないので、ほそぼそと書いています。

      今後も更新を続けていく予定ですので、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

      Reply
  • 2018年5月7日 at 9:23 AM
    Permalink

    こぺるさんはじめまして。ツイッターでいつもツイート拝見させていだだいております。
    私も本を読むのが好きです。
    こぺるさんが仰るように、私も本を読むことは「自分とは違う人生を追体験でき、人生をより豊かにできる」と思っております!
    これからもツイッターやブログ拝見させていただきます!

    Reply
    • 2018年5月7日 at 2:40 PM
      Permalink

      XRP積立兄さん、はじめまして。ツイッターを観ていただいているとのこと、ありがとうございますm(_ _)m
      本を読むと、漫画でも何でも良いですが、追体験できて人生が豊かになりますよね。

      これからも、ツイッターやブログをご覧頂ければ幸いです。こぺる

      Reply
  • 2018年5月7日 at 1:33 PM
    Permalink

    こんにちは。
    星の王子さま、好きです!
    大切なことを教えてくれる本ですよね。

    人の思考や、性格は、環境によって
    作られるけれど、人の
    思想や感性の部分って、読んできた本に
    多少なり絶対影響受けていますし、
    本当「何を読んで育つか、何を読んで生きるか」って大切なんですよね。

    星の王子さま以外は、こぺるさんのオススメの本、私まだ未読のものです

    ですので、次の更新も楽しみにしています。

    こぺるさんの脳みそを覗くことが出来て嬉しいな(*^^*)

    Reply
    • 2018年5月7日 at 2:43 PM
      Permalink

      Sakkyさん、こんにちは。

      星の王子さまは、良い本ですよね。本当に大切なものは目には見えない。

      思想や感性の部分は、本にも大きな影響を受けますよね。特に、小さいころに読んだ本は、とても影響を受けると
      思います。ブログは、書きたいことが沢山あるので、またちょくちょく更新していくので、覗きにきてくださいね!!

      いつもありがとうございますm(_ _)m こぺる

      Reply
  • 2018年5月8日 at 1:00 PM
    Permalink

    ツイッターいつも拝見しています。ご推薦の本、恥ずかしながら、星の王子さま以外は手に取ったことすらないものばかりでしたので、書店で見かけたら手に取ってみようと思います。ブログの方もこれからも拝見させて頂きます。

    Reply
    • 2018年5月8日 at 2:39 PM
      Permalink

      Bill Mawellさん、コメントありがとうございます。また、いつもツイッターを見ていただきありがとうございます。
      どれも良い本ですので、是非、手にとってみてください。これからも、更新をしていきますので、また観に来て
      いただければと思います。こぺる

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。